GBJ+JLAU 合同シンポジウム 「二子玉川から日本の未来を考える」ご案内

***  定員に達したため、受付を締め切りました(1/9)  ***

11月に開催しました第13回GBJセミナー、「LEED ND(エリア開発版)」はご好評をいただき、早々に参加申込受け付けが満員となりましたが、このたびND認証を取得した現場である二子玉川ライズにてJLAU(一般社団法人 ランドスケープアーキテクト連盟)との合同シンポジウムを開催いたします。

建築関係者には徐々に名前としくみが浸透しつつあるLEEDですが、都市計画やランドスケープとの接点においても可能性があります。当日はさまざまな立場の登壇者による、分野を越えた議論が期待されますので、ご興味のある方はどなたでも是非ご参加ください。

なお、今回は会員の方も有料です。シンポジウムのみにご参加の方につきましても同一料金となりますこと、ご了承ください。

 

主 題:

「二子玉川から日本の未来を考える」

LEED-ND(環境性能評価)ゴールド予備認証と、J-HEP(生物多様性評価)AAAを同時に取得した二子玉川の先駆的な街づくりをセッションする

 

日 時:

2015年1月28日(水)

シンポジウム 15:30-17:45(15:00受付開始)

懇親会 18:00-19:30

※遅刻しないようにご来場ください。

 

概 要:

1.二子玉川東地区再開発におけるLEED-ND認証への取り組み 平松宏城 株式会社ヴォンエルフ 代表取締役 (40分)       

2.二子玉川ライズにおけるランドスケープデザインとJ-HEP認証 平賀達也 株式会社ランドスケーププラス 代表取締役 (30分)   3.パネルディスカッション:二子玉川ライズの価値発信について、事業者の視点と今後の可能性の広がり(45分)          

モデレーター:戸田芳樹 株式会社戸田芳樹風景計画 代表取締役          

パネリスト:渋谷宗彦 東急電鉄都市開発事業本部統括部長/霜村 亮 世田谷区生活拠点整備担当部長/平賀達也 株式会社ランドスケーププラス代表取締役/平松宏城 株式会社ヴォンエルフ代表取締役           

「コミュニティーの多様性について」「地域・沿線住民への利便性・魅力付与、企業誘致」「公共・民間各々の役割と期待」など

 

現地見学会:

現地はまだ工事中のエリアもあるため、実施いたしません。早めに現地へ到着された方の散策ガイド用として、最終案内にて資料送付を検討中です。

 

会 場:二子玉川ライズ内カタリストBA

 

住 所:東京都世田谷区玉川2-21-1 二子玉川ライズ・リバーフロント(オフィス棟)8階

 

案内図:http://catalyst-ba.com/access.html

 

参加費:【会員】2000円 【非会員】一般 3000円 学生 2000円 (当日受付にて)

 

定 員:100名

 

お申込み締切:1月21日(水)(ただし、定員になり次第締め切り)

 

お申込み方法(会員・非会員とも):

件名を「GBJ+JLAU合同シンポジウム申込み(1/28)」とし、① 氏名、② 個人会員・法人会員・非会員・学生の別、③ ご所属、④懇親会参加の有無、⑤ 住所、⑥ 電話番号、⑦ メールアドレスを明記の上、gbj-seminar@gbj.or.jp までお申込みください。(会員は⑤~⑦省略可。)。

 

お申込み確認:

GBJからの返信(お申込みの受付メッセージ)を必ず確認し、3営業日以内に返信がない場合、gbj-seminar@gbj.or.jpへお問合せください。 皆さまのご参加をお待ちしております。

 

一般社団法人グリーンビルディングジャパン 運営委員会 セミナーWG一同

 

 

フライヤーL+141226-2