WELL APの概略

WELL AP (WELL Accredited Professional)は、WELL評価システムにおける専門性と高度な知識を有する専門資格です。WELLプロジェクトの認証取得支援を行う人向けの資格です。日本国内にて、英語+日本語併記で試験を受けることができます。なお、WELL APは、WELL認証の評価員(アセッサー、レビュアー)とは異なります。

日本国内にて、英語+日本語併記で試験を受けることができます。

 

受験者の方へ

・資格取得のハンドブックは、下記URLから無料でダウンロードできます。(2019年8月版) 試験の概要について書かれたものです。https://resources.wellcertified.com/tools/well-ap-candidate-handbook/

 

・WELLの内容を勉強するには、日本語で書かれたものとしては、IWBIの㏋に掲載の「WELL v2 日本語版」が便利です。無料でダウンロードできます。https://www.gbj.or.jp/wellv2japanese/

 

ただし、2020年7月までの試験試験は2019Q1版のv1の内容であることにご注意ください。下記URLからアクセスしてください。 (毎年8月中旬に新規試験内容に更新)

WELL v1 2015 9月版(日本語):

http://a.storyblok.com/f/52232/x/36424c141f/well-building-standard-japanese.pdf

WELL v1 2018Q1版アデンダ(日本語): https://a.storyblok.com/f/52232/x/d4c8eb4347/well-building-standard-addenda-table_q1_2019_ja.xlsx

 

 

・受験の詳細は下記のURLをご覧ください。

*参照:https://www.gbj.or.jp/well-ap-japanese20170901/

 

 

・受験に際してはGBES (Green Building Education Services, LLC)から、模擬試験・テキストブック(WELL AP Exam Preparation Guide)などの受験用資料(有料)が購入できます。試験をパスするためには非常に有効です。

  *参照:https://www.gbes.com/

 

・なお、受験には、最近WELL AP試験を受けた人から直接話聞くことが役立ちます。GBJでは受験のためのセミナーや資料等の公開も行っていますので、HPをご覧ください。