Q&A その他

7-1.日本におけるグリーンビルディングの評価・資産的価値についてまとめられた資料などはありますか

日本におけるグリーンビルディングの評価・資産的価値についてまとめられた資料海外諸国と異なり、グリーンビルディングの評価・資産価値を具体的に示した細かい資料はまだ整っていません。

 

国土交通省による下記の「環境不動産ポータルサイト」は、グリーンビルティングの認証制度を網羅していますのでご紹介いたします。
http://tochi.mlit.go.jp/kankyo/info/
LEED、CASBEEなどの建築物評価制度のほか、運用中の建物についてのGRESBというフレームワークは日本国内でも徐々に認知度が高まっています。
少々古い資料ですが、GRESBに関する説明は下記が参考になると思われます。
http://www.nli-research.co.jp/report/researchers_eye/2012/eye121022.html
国内でもLEED認証物件が一定のボリュームに達しており、将来的にはGBJにてお問い合わせの回答に資するような分析を行えればと考えております。

7-2.CASBEEとの関係

LEEDとCASBEEとは、ともにWGBCのメンバーであるUSGBCとJSBCが、各々開発・運営しているという間接的な接点はありますが、実質的な連携はこれまで のところありませんでした。しかしながら、USGBCのInternational Roundtable Memberとして世界各国にLEEDの友好的な普及を目指す組織が設立され(日本では GBJ)、ローカルの組織とUSGBCとの連携が図られ始めていますので、今後はさまざまな側面で接点は増えていくものと思われます。

7-3.BIMについて

BIM(Revit)への支援機能、取組経緯等は、米国を中心に始まっていますがGBJとしてはこの分野での活動は、現在のところございません。

7-4.グリーンボンド発行における資金使途に関する第三者認証業務を手掛けていますか

まずLEEDは米国のUSGBCが開発・運用している環境建築の認証制度で、GBCIという第3者機関の認証を得て初めてLEED認証取得物件となります。従ってLEED認証を取得していること自体が、第3者認定を受けた環境建築であることを示しています。第三者認証であるLEED認証物件を取得するという資金使途がグリーンボンドとしての要件を満すかどうかについては、現時点においてこちらでは判断できません。

 

また、LEED認証を取得した物件がグリーンボンドにふさわしいものであることを、さらに第3者で認証する必要がある、という場合、GBJはUSGBC/GBCIとビジネスアグリーメントを結んで活動している団体であり、取得する物件が正しく認証されているということは保証できますが、グリーンボンドの資金使途の適正性については、GBCIとの関係で中立性は保てないかもしれません。GBJは今まで国内円貨募集のグリーンボンドの資金使途として適性であるかどうか第三者認証を付与した実績はありませんが、グリーンボンドという枠組みのなかで、認証機関の要件などがあればご教示いただければ幸甚です。

7-5.エコリーフラベルを取得する事によって、アメリカなどの海外で販売する場合、有効となるのでしょうか

エコリーフラベルはISOタイプIIIの環境ラベル認証(ISO 14025)を日本で使えるようにしたものです。LEED基準の中でも、’Building Product Disclosure and Optimization ? Environmental Product Declarations’で必要な環境ラベル認証の中に、Environmental Product Declarations (EPD)を発行する団体としてエコリーフが挙げられており、日本以外でも通用する認証ラべリングシステムとなっています。すでにお問い合わせ済みかもしれませんが、エコリーフラベルを運用しているJEMAIにもお問い合わせしてみてはいかがでしょうか?(http://www.ecoleaf-jemai.jp/about/

 
7-6.BREEAMとLEEDでは評価手法の観点等で主にどのような点が異なるのでしょうか。

BREEAMとLEEDは比較的似ていると思いますが、評価項目の内容はやはり地域や文化の違いを背景に異なってきますので、一言で違いを説明することは難しいです。LEEDとBREEAMの違いについて触れた記事もありますので、以下リンクなどご参考ください。 https://www.ares.or.jp/works/pdf/j03/ares_j_003_044_50.pdf

7-7.弊社HPや製品カタログにLEEDの説明としてこちらのHPのリンクやURLの掲載を行いたいのですが、承認いただけますでしょうか。

LEEDに関する説明を参照するものとしてGBJページのリンクを使われることは問題ありません。どうぞ、ご利用ください。 但し、USGBCでは御社の扱われている製品も含め、製品・建材等にLEED認証を与えることはしておりませんので、ご注意ください。 あくまでUSGBCの指定した第三者認証機関で一定レベルの基準を満たした製品を当該プロジェクトで使うとLEED認証時に有利になるという仕組みです。

7-8.LEEDが日本で普及していくことはスマートグリッドの普及に関係することでしょうか?

・LEEDでは、対象プロジェクトがスマートグリッドに含まれているかどうかだけでは評価しませんが、グリッドの信号を受けて自動的に建物の需要をカットをするような対応を評価します。そのようなDemand Responseを行うプロジェクトが増えてくれば相乗効果はあるように考えられます。
・建築単体ではなく、街区、エリア開発を評価するLEED-NDではInnovation Designのクレジットポイントが取得できる可能性があるので、LEED-NDが普及するとスマートグリッドの促進にも寄与する可能性があります。
・日本にはまだ導入されていませんが、米国では、電力・エネルギーの分散や効率化についてPEERという別の評価基準が設けられています。

7-9.日本でのグリーンビルディングの基準には耐震の項目が必要と思うのですが、海外ではその項目がないようですが、グリーンビルディングは耐震性がないのでしょうか。
また、LEEDの「自然災害からの復旧能力」とは、具体的にどういうことでしょうか。建物が倒壊しても建て直しやすいということでしょうか
LEEDのパイロットクレジットでは「自然災害からの復旧能力」を総合的に評価するレジリエンスという概念を取り入れており、耐震性も評価の対象です。 参考:
http://www.usgbc.org/articles/leed-pilot-credits-resilient-design-adopted 
http://www.resilientdesign.org/leed-pilot-credits-on-resilient-design-adopted/ 

地震国の日本では「建物が倒壊しないように」という視点で法律を厳しくしてきましたが、LEEDのパイロットクレジットの考え方は、建物が地震や風水害などで何らかの被害を受けることは ある程度織り込み済みで、被災直後にどのように人々を守れるか、その後どれだけすみやかに復旧できるか、を重点的に評価する仕組みとなっています。
「建物が一部壊れても暑さ寒さはしばらくしのげる、水、電気は確保できる(あるいはすみやかに復旧する)」といった点に着目します。
自然災害が年々激しさを増している昨今、これまで「社会貢献」という文脈で語られてきたグリーンビル、サステナビリティや地球環境への配慮は、環境リスクを回避するために必要な手立てだ、 という考えに移行してきました。グリーンビルにもレジリエンスの概念を組み込むことが重要になってきています。この世界の潮流の成果のひとつが2015年11月のパリ協定といえます。

7-10.日本でグリーンビルディングがより普及するためには何が一番必要だとお考えですか。
日本でグリーンビルが普及するためには、については様々な意見があるだろうと思います。政策的な取り組み(省エネ法などの規制強化、補助金や容積率緩和などのインセンティブ)、技術的な取り組み(基準や評価手法の整備、教育、技術開発)、金融的な取り組み(責任投資の拡大)などいろいろ考えられます。その中で諸外国と日本が何が違うのか、日本固有の問題があるとすれば何か?を見つける必要があると思っています。
7-11.GBJホームページ(トップ)に載っている各企業のロゴが入った部分を弊社のカタログに転写しても良いでしょうか?。LEEDが清掃資材としてSafer Choiceを推奨していますので、カタログの中に日本に於けるLEED認定を受けた建物を紹介したいと思っています。
LEEDの既存建物の運用・保守を対象としたLEED O+M では、清掃の洗剤の条件が定められており、それに合致した製品を御社が日本国内で販売されることは LEEDに取り組む建物オーナーにとってもLEEDの国内普及にも大変素晴らしいことかと思います。
しかしながら、GBJのHP(トップページ)に載っているCorporate members 以下にある各企業のロゴが入った部分を御社のカタログに転写したいとのご要望につきましては、 残念ですがGBJとして許諾させていただくことはできません。法人会員各社のロゴに関し、GBJのサイトへの掲載以外の目的での使用許諾の権限はGBJにはございません。

また、御社のカタログに載せるということは、GBJ法人会員各社が、御社の製品を推奨あるいは後援していると誤認される恐れもあります。 また 「カタログの中に日本に於けるLEED認定を受けた建物を紹介したいと思っています。ご使用が可能かどうか教えて頂けませんでしょうか?」 とのことですが、こちらもGBJとして許諾することはできません。
御社より、紹介なさりそれぞれのLEED認証建物のオーナーに個別にご確認をされるべきかと思われます。

7-12.作成している研修会テキストに、GBJホームページ、LEEDとは、の下方、「認証のシステム」にある画像をお借りしたいのですが、可能でしょうか。
USGBCではLEEDの認証用ロゴに関する使用条件は規定がありますが、その他の画像に関しては特別な使用上の規定は無いと思います。 お使いいただいてよろしいと思います。
なお、本画像の元の画像は以下にありますので
http://leed.usgbc.org/ 
画像を使用する際には 出典として上記URLを記入下さい。
7-13.グリーンスターの格付けは、LEEDの格付けと理解してよろしいでしょうか?又は別の格付けでしょうか?
グリーンスターは、国際展開しているLEED、日本のCASBEE、イギリスのBREEAMなどと同様のオーストラリアの環境建築評価制度です。 制度設計コンセプトはLEEDとほとんど同じですが、同一の認証格付け制度ではありません。