クレジット

認証システムは、いくつかのクレジットカテゴリー(必須条件と選択項目の集まり)で構成されています。

それぞれのクレジットカテゴリーには、グリーンビルディングとして絶対に達成しなければいけない必須条件とLEED認証のレベルを決める上で必要なポイントを取得するためのいくつかの選択項目があります。

 

 

Each rating system is made up of a combination of credit categories.

Within each of the credit categories, there are specific prerequisites projects must satisfy and a variety of credits projects can pursue to earn points. The number of points the project earns determines its level of LEED certification.

credit_blur_trans

 

クレジットカテゴリー(必須条件と選択項目の集まり)

credit categories (English)

 

credit_ip-e02

統合的プロセス

は、クレジットカテゴリーには含まれていませんが、プロジェクトの企画の段階でいろいろな分野のプロジェクトメンバーが参加できるように促します。

Location and transportation

立地と交通

は、比較的開発密度の高いエリア内で、生活エリアとして種々の機能が含まれていて、様々な交通手段へのアクセスがあるプロジェクトにポイントを多く与えます。開発に制約ある地域のことも考慮しています。

 

材料と資源

は、持続可能な建築資材の使用や廃棄物の削減を促進します。

水の利用

は、建築物の内外で、飲用できる水の消費をうまく削減できるようにすることを促します。

 

エネルギーと大気

は、革新的な方法によって、エネルギーの効率的な利用を推進していくことを促進します。

敷地選定

は、生態系と水資源へのインパクトをできる限り少なくすることを促します。

室内環境

は、より良い室内空気質、また日射と眺望をデザインに取り入れることを促します。

革新性

は、5つの(カテゴリーが増えたv4では6つの)LEEDクレジットカテゴリーだけではカバーされていない、先進的で優れたサステナビリティの考え方取り入れている手法や設計などにポイントを与えます。

 

地域別重み付け

は、地理的・気候的条件の違う世界の様々な地域がそれぞれ優先する環境対策について配慮します。

Location and transportation

立地選択と敷地利用

公共交通機関へのアクセスがよく、オープンスペースが整備され、歩行者にとって快適な周辺環境を計画していくこと促進します。

近隣のパターンとデザイン

コンパクトで、歩行者にとって快適で、活気に満ちた、またいろんな機能が集まり、近隣のコミュニティーへのアクセスの良い計画を進めることを促します。

グリーンな近隣インフラと建築物

建築物とインフラストラクチャーの建設および運用から懸念される環境上の負荷を減らして行きます。

 

GBJセミナー資料 

> 第17回GBJセミナー 【LEED Intermediate】LEED-NC Ver.3 クレジット解説 (前編)
> 第18回GBJセミナー 【LEED Intermediate】LEED-NC Ver.3 クレジット解説 (後編)

にて詳細なクレジット解説をご覧いただけます(有料会員向け)。