WELL とは

WELL Building StandardTM

 

WELL Building Standard®は、人々の健康とウェルネスに焦点を合わせたビルト・エンバイロメント(建築や街区の環境)の性能評価システムです。

人の健康とウェルビーイング(身体的、精神的、社会的に良好であること)に影響を与えるさまざまな機能をパフォーマンスベースで測定・評価・認証する評価システムです。設計、建設、運用のベストプラクティスと、エビデンスに基づいた医学的および科学的研究を組み合わせ、人の健康とウェルビーイングをサポートする建築や街区の環境を評価します。

2014年10月発表のv1、2018年5月発表のv2pilotを経て、2020年9月15日に最新版であるWELL v2が発表されました。より良い建物を通じて人の健康をサポートし、向上させるための10のコンセプト(空気、水、食物、光、運動、温熱快適性、音、材料、こころ、コミュニティ)で構成されています。あらゆる用途のプロジェクトの評価に使用できます。

健康経営や働き方改革等を目指すプロジェクトにとっては、その目指すべき方向性や達成度をグローバルな指標で評価できることから、わが国でも大きな関心が集まっています。

WELL認証を受けるためには、全ての必須項目(Precondition)を満たし、必要な数の加点項目(Optimization)を取得することが必要です。点数が多いと認証レベルが高くなります。審査は必須・加点項目を満たしていることを示す書類審査の他、現地にて空気質・水質・光・音・温熱感指標などの環境測定と各種チェックにおいて要件を満たす必要があります。また、認証取得後にも継続的なビルト・エンバイロンメントの維持を求めています。WELL認証の有効期限は3年間で、継続には再認証が必要となります。

複数建物の街区を評価するWELL Community Standard、複数建物をまとめて取り扱うWELL Portfolioと呼ばれる評価システムもあります。

さらに、新型コロナウィルスの感染拡大の中、2020年5月に建築環境において人の健康と安全性に影響を与える項目を評価するWELL Health-Safety Ratingが発表されています。WELL Health-Safety Ratingは運用ポリシーや維持管理手順、危機管理計画、建物のステークホルダーへの教育などの建物運用を主に評価する評価システムです。どのような用途の建物にも適用可能です。

 

v2の開始に伴い、v1及びv2 pilotでの新規登録は2020年12月31日で終了しました。
v1及びv2 pilot登録のプロジェクトをv2に移行することも可能です。
v1, v2 pilotとも日本語訳はIWBIのWEBサイトからダウンロードできます。
v2の日本語訳はまだ発行されていません。

 

 

WELL v2 認証システム

WELL v2ではどのような用途の建物でも評価システムは同一のものを使用します。但し、テナントビルのコア(共用)部分を主対象とした場合には「WELL core」と呼ばれ、若干の評価要件が異なります。

 

 

WELL v2 評価項目 

項目(Feature)の中にはパート(Part)に分けられた要件があります。プロジェクトは必須パート全てを満たした上で、加点パートを満たして点数を獲得します。

 

 

四半期毎の改訂版ではベータ版の項目(β版Feature)も追加されることがあります。

WELL v2 評価項目詳細

 

 

WELL現地検証(WELL Performance Verification)

WELL認証では、書類審査通過後、運用中の現地審査があります。案件の規模によりますが、2~3日以上かけて空気質・水質・光・音・温熱感指標の測定の他、さまざまな項目におけるスポットチェックを行います。通常、海外から検証のための測定員が来日し、測定、サンプリングを行います。空気質や水質は分析会社に送られます。その後、現地検証の結果を含めて最終的な点数が決まると認証レベルが確定します。

 

 

WELL v2の認証レベル

WELL v2の認証のレベルは、WELLプロジェクト、WELL Core プロジェクトともBronze、Silver、Gold、Platinumがあります。

 

 

 

WELL AP資格

WELL AP (WELL Accredited Professional)は、WELL評価システムにおける専門性と高度な知識を有する専門資格です。WELLプロジェクトの認証取得支援を行う人向けの資格です。WELL APは、WELL認証の評価員(アセッサー、レビュアー)とは異なり、認証取得のための評価はできません。

現在は、英語+日本語併記で、日本国内でも試験を受けることができます。 試験は2021年9月5日までは、v1(with Q1 2019)の内容で実施されます。 2021年9月20日からnew v2(with Q4 2020)による出題に切り替わります。 この新試験には当面は日本語併記はなく英語のみでの出題となります。

 

WELL APの受験登録後一年以内に受験が可能です。

受験登録料:通常料金 660ドル

料金表:https://www.wellcertified.com/well-ap/pricing

 

WELL APの概略

 

 

世界の登録件数

登録および認証件数は世界各国で年々増加しています。

2021/4/20現在の累計登録件数は9,547件(65ヵ国)です。 そのうち425件(27ヶ国)が認証を受けています。

*上記の登録件数にWELL Health-Safety Ratingのみの登録は含んでいません。

 

 

 

日本の登録件数

日本での登録は2016年以降、年々増加し現在61件が登録されています。そのうち12件が認証、7件が予備認証を得ています。(2021/4/20現在)

 

※ No.1~12:認証取得、No.13~19:予備認証取得

 

 

 

リーフレット

WELL v2とは (A4 PDF)    2021.4.25更新

 

 

旧バージョン

既に登録済みのプロジェクトと2020年12月末までに登録したプロジェクトは認証確定までそのままv1あるいはv2pilotで審査されます。そして、初回の再認証は登録時と同じバージョンでの審査が可能です。しかし、二回目以降の再認証は認証有効期間満了の一年前以降でのバージョンで審査を受けるルールとなっています。

WELL v1 認証システム

WELL v1 評価項目

WELL v2 pilot 認証システム

WELL v2 pilot 評価項目

 

 

参考資料

 

 

第35回GBJセミナー [資料]【WELL Basic】Health, Wellness and Human Productivity

第57回GBJセミナー[資料] はじめてのWELL : 入門編

第60回GBJセミナー[資料] WELL AP受験体験談

Q&A WELLについて

WELL認証プロジェクト紹介サイト

等もご参照ください。

会員向けには以下の資料も掲載しています。

第36回GBJセミナー [資料]【WELL Basic】WELL Building Standard クレジット解説-1

第37回GBJセミナー [資料]【WELL Basic】WELL Building Standard クレジット解説-2

LEED,WELL 認証プロジェクト リストの取得方法