概日リズム (サーカディアンリズム)

 

by ロバート・ソレル 

明るい日と暗い夜のスペースを作る武器への呼び出し

 

概日リズムは、一年中見られる24時間のパターンであり、一般的には中枢時計によって仲介されています。
植物は自分達の時計を使って自分達の捕食者と自分達の花粉媒介者と共進化する。
ネズミなどげっ歯類は食物の入手可能性、安全性および交配時間を決定するために彼らの時計を使います。あらゆる形態の生命は資源効率と生存を最大にするためにそれらの時計を利用している。
人体の中に、それぞれの細胞は時計を持っている。網膜の新しい光感知細胞と中心時計がある脳の領域の間には直接つながりがあり、毎日の時計をリセットして同期させるための主入力として光を正確に示します。
地球上の生命が予測可能な太陽周期とともに進化したことを考えると、光がこれらの概日時計を同期させるための私たちの主要な道具となることは理にかなっています。

 

私たちは現在、主に電灯の下で屋内で私たちの時間の90%以上を過ごしています。しかしながら、これらの室内照明の手がかりは、生物学的システムには不適切であることが多くあります。概日同期の下流への影響は非常に深刻です。
Bud Brainard博士が、概日リズムの同期を容易にする、「本質的に感光性の網膜神経節細胞」(ipRGC)として知られる新しい概日光受容体の証拠を発表してから18年が経ちました。業界は、概日性の有効性を定量化するための指標を適所に置くために最善を尽くしています。現在、この概日性の有効性を定量化するための2つの主要な測定基準、メラノピックルクスモデル[14]と概日刺激モデルがあります。

 

両方のモデルが概日効果を決定するために十分に完成していないと信じる人がいることに注意すべきです。しかし、生物学的経路は特定されて、回路はかなりよく理解されており、問題は現実のものです。今後、より正確なモデルが登場する可能性があると信じるのは合理的ですが、ソリューションを作成するための最初のステップはここにあります。

 

IWBI 記事 原文(2019.5.20):

https://resources.wellcertified.com/articles/circadian-rhythms/