WELLがブランドエクイティの構築にどのように役立つか

 

この記事では、居住者、報道関係者、業界パートナーなど、WELLについてさまざまな方法で紹介およびコミュニケーションを行っているプロジェクトに焦点を当てています。

  •  Landidは、英国のコアおよびシェルプロジェクトであるPorter BuildingでのWELL Goldの功績を祝うために、現在および将来のテナントを教育するためのWebサイトページを作成し、WELLコンセプトの実装により居住者のエクスペリエンスがどのように強化されたかに関する刺激的な統計を提供しました。
  • DPR Constructionは、ワシントンD.C.オフィスでWELL Goldを取得すると「And」の力を活用したケーススタディを発表し、地球規模の持続可能性と従業員の幸福を最大化する設計目標を詳述しました。このケーススタディをプラットフォームとしてWELLを強調することで、DPRチームは、WELL、LEED、および保留中のNZE(ネットゼロエネルギー)の建築認定分析を実施することができました。
  • キャデラックフェアビューは、トロントの222ベイストリートのビル居住者の意識を高めるために、プロジェクトが追求するWELLフィーチャーを強調するための専用Webサイトを作成しました。
  • スウェーデンのディベロッパー Skanskaは、WELLが健康目標の達成にどのように役立ったかを説明する7つのWELL v1コンセプトのそれぞれについてミニ映画を制作しました。
  • WELLスペースの良さを体験するには、どこかのWELLのスペースで時間を過ごすことほど良い方法はありません。 上海のHKRI Taikoo HuiのJLLオフィス、シドニーのMirvac本社、マドリードのCastellana 81、トロントのTD23などの多くのプロジェクトは、彼らの成果を披露するためWELLスペースを公開しています。

 

 

IWBI 記事 原文(2020.1.21):

https://resources.wellcertified.com/articles/how-well-certification-can-help-you-build-brand-equity/