LEED V4.1 COVID-19の時代のエネルギーと大気の課題 (ビデオ)

 

 

USGBCのEmma Hughesは、パンデミックがエネルギーと大気の信用決定にどのように影響するかについて話します。

LEED v4.1は、現状を超えたスペースの構築と運用を促進するために開発されました。パフォーマンスはプログラムの中心であり、輸送、エネルギー、水、廃棄物、人間の経験において建物がどれだけうまく機能するかを評価する方法論を備えています。

 

COVID-19は、建物との相互作用に劇的な変化をもたらしました。 USGBCでは、LEED Safety FirstパイロットクレジットやArc Re-Entryなどのツールを使用して、これらの課題に短期的に対処する方法を模索しています。また、長期的には、居住者の活動、人間の健康、および資源消費の間の関係について、より確実な認識を得ることができます。

この秋、USGBCは引き続き、LEEDプロジェクトチームがパンデミックに対応して検討するためのリソースと

トピックに関するガイダンスをリリースします。また、建物が必要に応じて機能し、居住者ができる限り健康な空間を維持できるようにするための手順を発表します。

 

エネルギーと大気の懸念がパンデミックによってどのように影響を受けるかについて、USGBCのEmma Hugheが4分間のビデオで説明します。

 

 

 

USGBC articles 原文(2020.8.27) :

https://www.usgbc.org/articles/leed-v41-energy-and-atmosphere-challenges-time-covid-19-video