室内における劣悪な空気環境の影響

 

 

By Pawel Wargocki

 

新しいオフィスの候補を探しているときに調べる事項で、室内の空気環境のチェックをおざなりにしていませんか?空気環境は他の様々なポイントと同じくらい重要なのです。

 

快適に感じない人はうまく仕事ができません。直近の研究は、室温が適温でなく空気環境が良くない場合には、仕事のパフォーマンスが低下し、学業に悪影響が出ることを明確に示しています。

 

職場の換気を良くして空気環境を良くするのみならず、寝室の空気環境を向上させることで翌日の仕事のパフォーマンスが向上します。

 

しかしながら、空気環境の向上と業務のパフォーマンスの向上を測定することは容易ではありません。環境の向上は複数の要因により、パフォーマンスの向上も単に欠勤率などで測定するだけではなく、主観的な意見も取り入れてレーティングしなくてはなりませんが、未だ、こういったレーティングが客観的なパフォーマンス結果と一致することを示す研究は存在していません。次のステップは、実際の世の中での業務パフォーマンスを測定する方法を確立し、室温環境と空気環境が組み合わさりどのような影響を引き起こすのかを研究することとなるでしょう。

 

IWBI 記事 原文(2019.9.26):

https://resources.wellcertified.com/articles/poor-quality-of-the-indoor-environment-in-buildings-is-costly/