第32回GBJセミナー [講師の音声付資料]【LEED Talk】LEED NDとは

2017年2月27日(月)開催 <募集時セミナー案内はこちら>

 

第32回GBJセミナー

 

主題:第32回GBJセミナー【LEED Talk】LEED NDとは

日時:2017年2月27日(月) 18:30~20:00

会場: アズビル株式会社 本社会議室

 

講師の音声付資料 目次
安原 紀子 氏  株式会社ヴォンエルフ

1.LEEDの広がり

世界各地のグリーンビルディング評価制度 実質的な国際標準システムとなるLEED、世界でLEED認証されたプロジェクトの数、⽶国発の国際的な建築物の認証システムLEED、世界161ヶ国で広がる LEEDプロジェクト、現在では45%がインターナショナルプロジェクト、日本におけるLEEDの普及、外資系先行から日系企業へ、オフィスビルから様々な用途へ、日本語資料 USGBC HPから 無料ダウンロード可能

 

2.LEEDに取り組む目的・動機

世界各地で環境規制、定期的な基準改定、LEED を採用する企業の事例、経済的パフォーマンスについてのスタディ一覧

 

3.最近の動き

Increased Productivity、WELL、人の健康・ウェルビーングに フォーカスした、 建物の認証システム、Beyond Green(環境性能を越えて)、ワークスタイルの変容、Thinking Beyond Buildings、ライフスタイルの変容、Edge Cityとは?

 

4.LEED NDについて

LEED格付けファミリー(v4)、LEED ND が掲げるゴール、環境の保護と復元、地域経済を持続可能に、必須項目と加点項目、クレジット、Smart Location & Linkage、Neighborhood Pattern & Design、Green Infrastructure & Buildings、LEED ND申請中・認証済みプロジェクト件数、ND Pilot 1.0 世界初認証取得(シルバー)、ND Pilot 1.0 第2号認証取得(ゴールド)、First LEED-ND Stage 3 Gold Project in the World Futakotamagawa RISE、LEED ND v2009認証取得プロジェクトの世界分布

 

5.LEED NDの中心概念・まとめ

ESG 投資の世界でもグリーンビルディングの世界でも聞くことが多くなっている言葉、Walkability、歩く気がしない閑散とした街路、ホイトヤード(ポートランド)、LEED NDのWalkability項目の評価方法には、批判もある、LEED NDが得意とする対象、Affordability、世界中でアフォーダブル住宅の危機が叫ばれている、アフォーダブル住宅のマーケットサイズのポテンシャル、結論、NPDc4 Housing Types and Affodability、LEED NDのアフォーダブル評価に批判の声がある、都市化が加速する中で、 サステイナブルであり続ける都市とは?

 

all.1~5 全編版
 

 

質疑

 

 

 

 

 

続きをご覧いただくには、会員登録(有料)をお願いします。
Please be registered as a GBJ member in order to read more.