眠れる巨人:建物の水システムの再起動

 

(訳注:COVID-19の感染拡大により一旦閉鎖された建物の再開に関する論説)

 

私たちが建物を再開する際に、適切な建物運営とその方針を通じてCOVID-19以外のその他の疾病のリスクを最小化する方法についても考えなくてはなりません。

 

私はオフィスで働くことから、自らとコミュニティーを健康に保つために勧められたリモートワークへ移行することができた幸運な一人です。最終的に(そして望むらくは)、しばらくの間使われなかった建物にあるオフィスへと私は戻ることになるでしょう。その時が来た時、私たちのオフィスは再び立ち入るために安全なのでしょうか?COVID-19の感染拡大を防ぐ手段についての議論は様々なされていますが、私たちの健康に数々の方法で影響を与える建物についての議論も見逃されてはなりません。

 

建物は休止状態で放置されるようにはできていません。人間と同じように、建物システムはその健康さを保つためには一定のリズムとパターンを踏襲するようにデザインされています。HVAC機器、水、下水、空気を流すパイプやダクトのネットワーク、電気の配線ネットワークが十分に使用され、維持されて初めて建物は機能します。建物が長い眠りについている間には、そういったネットワークには特に注意を払わなくてはなりません。パンデミックの拡大速度が理由で、そういったシステムのいくつかは建物を再開する前に十分な監視が必要となってきます。

 

ロドルフ・ペレズ博士

 

 

IWBI 記事 原文(2020.6.3):
https://resources.wellcertified.com/articles/sleeping-giants-awakening-building-water-systems/