TeknionのWELLの旅

 

Teknion – 職場の健康をサポートする製品の設計と製造を担当する会社 – では、統合的思考がコアビジネスの推進力です。

社会、経済および環境倫理の文脈におけるデザイン、技術、科学および人文主義の原則の統合へのコミットメントをもって、「エトノミクス」が会社の目標であることは驚くことではありません。テクニオンは、「現代の職場の原則のために設計すること」としてエトノミクスまたは「倫理経済学」を説明します – それは、ウェルと強く共鳴するアイデアです。

Teknionは、WELL v1がまだ試験段階にあった2013年という早い時期に、WELL建築基準が設計業界および製造業界に与える影響を認識していました。それ以来、4つのTeknionショールームでWELL認定を達成し、もう1つのショールームで性能検証を待っています。
Teknionの持続可能プログラム担当ディレクターであるTracy Backusが、TeknionのWELLの旅について話してくれました。

 

IWBI 記事 原文(2019.5.23):

https://resources.wellcertified.com/articles/teknion-s-well-journey/