USGBCは包括デザインのパイロットクレジットにより新分野を開拓

 

LEEDはアクセスに関するデザインへのパイロットクレジットを開始します。

 

近年、グリーンビルディングの実務者は、建物でのアクセスが容易でなければ、真のサスティナブルではないという認識を持ち始めており、人への健康やウェルネスにも価値があることが多くの人に受け入れられています。 USGBCはこれらに配慮し、現在、住宅で認められているアクセスビリティのクレジットをBD+C、ID+C、O+Mにも包括デザインのパイロットとして運用を開始しました。評価はコミュニケーションの確約と5項目の中から4つの条件をクリアすることです。

 

USGBC articles 原文(2019.3.1) :

https://www.usgbc.org/articles/usgbc-breaks-new-ground-inclusive-design-pilot-credit