USGBCが LEED V4.1 for New Construction, Interior Spaces の登録受付を開始

 

USGBCは本日(Jan.22,2019) LEEDの最新バージョン、新築プロジェクト(New Construction Project)のための LEED V4.1 BD+C 及び インテリア(Interior Spaces)のための LEED V4.1 ID+Cを発表し、登録を開始しました。

 

USGBCのプレジデント兼最高経営責任者(CEO)であるMahesh Ramanujamは、次のように述べています。

「LEED v4.1はバーを引き上げるように設定されています。 これは今日までで最も包括的で、共同的で、アクセス可能で効果的なLEEDシステムです。 エネルギー性能の改善から人間の健康や統合的な建物設計の強調まで、LEEDはプロジェクトチームが現状を超えて活動することを奨励しています。」

 

USGBC articles 原文(2019.1.22) :

https://www.usgbc.org/articles/usgbc-opens-registration-leed-v41-new-construction-and-interior-spaces

 

 

 

プロジェクトチームは LEED V4.1 for New Construction, Interior Spaces に対する登録を開始できる。

 

プロジェクトチームはLEED v4.1 BD + CとID + Cに登録できるようになりました。 USGBCコミュニティは、温室効果ガスの排出量削減、人間の健康や福祉に影響を与える活動の拡大、そして米国および世界中で生命を脅かす課題に対する効果的な解決策の考案を推進しています。 LEED v4.1は、これらすべての面で市場をリードするチャンスです。

実装に重点を置いた、LEED v4.1は、今日および明日の最も差し迫った問題に対処するための、アクセスしやすく、ユーザーフレンドリーで機動的なツールになるように設計されています。

2018年3月にオープンしたLEED v4.1(O + M)ベータ版に加えて、プロジェクトチームはLEED v4.1(BD + C)とLEED Interiorにも登録できるようになりました.

 

USGBC articles 原文(2019.1.22) :

https://www.usgbc.org/articles/registration-open-leed-v41-new-buildings-and-spaces