IWBIのWELL関連記事の紹介

WELLのIWBI (International WELL Building Institute) のWEBサイトで発信されている中から主要な記事をピックアップし、リード文やサマリーとして概要を日本語で紹介します。

 

ワークセイフ・ヴィクトリアの本社、Gold認証取得事例紹介

 オーストラリア、ヴィクトリア州の安全衛生規制当局であるWorkSafe Victoriaの認証取得事例紹介。組織のミッションである労働者の健康とウェルビーイングを優先する予防的健康の枠組みとして、WELL認証を活用。具体的な施策やスコアカードも掲載。 by Rachel Gutter IWBI 記事 原文(2019.11.26):https://resources. … 続きを読む[2019年11月26日]

IWBIリーダーシップアワード

 先日のGreenbuild@Atlantaで表彰された第2回IWBIリーダーシップアワードの受賞者紹介。世界中のウェルファカルティメンバー(234人)とウェルAP(5,292)の中から、特に優れたリーダーシップを発揮した人としてIWBIにより認定・表彰されました。GBJで活動中のメンバーも紹介されています。  IWBI 記事 原文(2019.11.22):https … 続きを読む[2019年11月22日]

パフォーマンステスト企業向けのPR&マーケティングガイドライン

 パフォーマンステスト実施組織として認定された組織向けのPR&マーケティングガイドライン。” BE SOCIAL”とあるように、認定されたことを積極的にPRすることが推奨されており、その際使って良い表現やプレスリリースのサンプルへのリンクなどが記載されています。  IWBI 記事 原文(2019.11.13):https://resources.wellcertifi … 続きを読む[2019年11月13日]

組織のESG・CSR・SDGsパフォーマンス向上への近道

 WELLポートフォリオについて、WELL認証取得のための労力やコストを削減する手段としてだけでなく、組織のESGパフォーマンスを改善し、CSR目標を推進し、国連SDGsへのコミットメントを向上させるためのプログラムとしての側面から紹介。 by レイチェル・ガター IWBI 記事 原文(2019.11.8):https://resources.wellcertifie … 続きを読む[2019年11月08日]

自動販売機の再定義:健康的な自動販売機の台頭

 近年、健康的な自動販売が増加し、健康的な建物とウェルネスプログラムのギャップを埋めつつあります。従来の自動販売の販売内容が変化するだけでなく、この動きは、従業員の栄養状態に関するより大きな議論のきっかけとなります。健康的な自動販売機は、食品の選択肢が特に限られている場所でより健康的な食品にアクセスできるようにします。この機械は、さまざまな健康的な品を提供することにより、食物アレルギーや … 続きを読む[2019年10月25日]

WELL v2の審査費用ガイド

 WELLの審査費用プライシングは、WELL認定プロセス全体を通じて包括的なサービスパッケージを提供し、WELL認証の追求をサポートするように設計されています。 シングルサイクルの費用体系は、WELLのマイルストーン、具体的には登録、ドキュメントのレビュー、パフォーマンステストに従って支払いを設定します。認証プロセスのこれらの重要な段階で一括払いを希望する場合は、シングルサイクルが最善の … 続きを読む[2019年10月23日]

Thriving(繁栄):新しいリーダーシップが不可欠

 今日の先進的なリーダーがチームや組織のThriving(繁栄)を求め、多くのリーダーとリーダーシップチームが、従業員、顧客、パートナーシップ、コミュニティを向上させる方法で運営したいと考えています。今日、Chief Value Officer, Chief Equality Officer, Chief Ecosystem Officer, Chief Well-being Offic … 続きを読む[2019年10月08日]

インクルージョンへの投資がグローバルなリターンを促進する

 現在、不動産業界は環境への影響を最小限に抑えながら個人やコミュニティの健康をサポートする戦略を活用することで、国連の持続可能な開発目標(SDG)と連携し始めています。従業員の定着率、生産性、エンゲージメントの向上、エネルギーコストや従業員のヘルスケアなどの品目への支出の削減など、これらに投資することのメリットが明らかになってきました。不動産は、SDGsの3番目の課題である「社会経済的公 … 続きを読む[2019年10月07日]

寄与:IWBIでのボランティア活動

 IWBIでは、人々がより幸せで健康的な生活を送ることができるように、健康に焦点を当てた文化の創造に努め、価値観を実現する方法を常に模索しています。私たちのStandardに精通している人々は、健康の包括的な性質と、従業員の精神的・身体的・感情的な健康に専念するポリシーとプログラムの重要性を認識しています。つながりを育み、目的意識を高めることにより、ボランティアは感情的な幸福の要素にプラ … 続きを読む[2019年10月01日]

ワークプレイス・リーダーシップ・サミットからの省察 - 神経学的多様性とワークプレイス・ウェルネスという変化をつづける文化

  By Erin Lee Henshaw  2019年5月17日、IWBIとギャリソン・インスティテュートの協賛で、ワークプレイス・リーダーシップ・サミットという初の試みが開催されました。 ウォルマート、SAP、マイクロソフトなどの多くの企業の代表が参加し、彼らのウェルネスおよびインクルージョン・プログラムについての洞察を共有し、人間を中心としたワークプレ … 続きを読む[2019年09月30日]

室内における劣悪な空気環境の影響

  By Pawel Wargocki 新しいオフィスの候補を探しているときに調べる事項で、室内の空気環境のチェックをおざなりにしていませんか?空気環境は他の様々なポイントと同じくらい重要なのです。 快適に感じない人はうまく仕事ができません。直近の研究は、室温が適温でなく空気環境が良くない場合には、仕事のパフォーマンスが低下し、学業に悪影響が出ることを明確に示していま … 続きを読む[2019年09月26日]

建築士は従業員の「燃え尽き(burnout)」を解決できるか?

  By Stephanie Timms 驚くことに米国の専門職に従事する77%が現在の仕事で「燃え尽き」を経験しているという調査結果があります。一方で、専門職の70%近くは雇用主が「燃え尽き」を軽減するための十分な対策をとっていないと感じています。 「燃え尽き」問題にかかわる健康保険費用は年間で1,250~1,900億米ドルにも達すると言われています。これはニュージ … 続きを読む[2019年09月23日]

WELL Portfolioメンバー向けのPRガイドライン

  WELL Portfolioのメンバーシップをプロモートする際のガイドラインが示されています。より具体的には、WELL Portfolioのメンバーが世界中の建物とコミュニティーにおける健康と幸福を改善していくためのコミットメントを示す方法が説明されています。加えて、プレスリリース等でIWBIを説明し、WELLプロジェクトをマーケティングする際のガイドラインも解説されています。&nb … 続きを読む[2019年09月12日]

身体を動かし続ける道のり

 By Vienna McLeod 幼少のころからアクティブに身体を動かし続けてきた筆者が、ウェルネスのコンセプトが身体を動かすことにあることを、自らの経験に基づいて説明しています。 大学院に通うためにマンハッタンに引っ越した際に、コンクリートに囲まれた街で身体を動かすことの難しさに直面した時に、ニューヨーク市の公園が自分にとって天国となることに気が付きました。全米の … 続きを読む[2019年08月29日]

WELLストーリー:The Inn at Moonlight Beach

  By Tori Shepherd 世界で初のホスピタリティ案件かつ、カリフォルニア州サンディエゴ郡の建物として初のWELL認証を得たThe Inn at Moonlight Beach(カリフォルニア州エンシニータス)の認証プロセスについてオーナー兼デザイナーであるシャンウェン・チィウ・ケネディ女史とのインタビュー記事。 ケネディ女史は居住者の幸福と生活のクオリテ … 続きを読む[2019年08月27日]

デザインの持つメンタルヘルスへの影響を理解する

  By Ben Channon メンタルヘルスに対する意識が過去5年高まっているものの、職場のデザインが個人のメンタルヘルスにどのような影響を与えるかについての理解は未だ深まっていません。自然や水と触れ合うデザインはストレスを軽減し、記憶力を高め、幸福感やクリエイティビティを高めます。その一方で、散らかった家や予測のつかない通勤はストレスを高めることが知られています。建物デザ … 続きを読む[2019年08月22日]

どこででもWELLに働く

  By Angela Spangler & Vienna McLeod 今年の夏、IWBIのチームはリモートワークに挑戦しました。これはエルゴノミクスに最適化されたニューヨークのIWBI本部オフィスから離れて、オレゴンのコーヒーショップやシアトルのAirBnBのキッチンテーブルなどの様々な場所で仕事をすることを意味しました。そんな状況の中、今日の勤務場所がどこであって … 続きを読む[2019年08月19日]

ガイドライン:メンバー向けのPRガイドライン

  IWBIのメンバーシップに参加された皆さんが、メンバーシップを自社のPRに利用する際のガイドラインを説明しています。プレスリリース等でIWBIとWELL Building Standardを説明する際のひな形が紹介されており、IWBIロゴやIWBIメンバーマークの利用の際に守るべきルールも解説されています。 IWBI 記事 原文(2019.8.14):https://res … 続きを読む[2019年08月14日]

WELLコンセプト・アドバイザリー:インパクトを与えた1年

  By Anja Mikic IWBCは、10のWELLコンセプトの専門家、WELLコンセプト・アドバイザーの世界的ネットワークであるWELLコンセプト・アドバイザリーを、世界24か所にいる110人のアドバイザーにより昨年スタートしました。過去1年間、アドバイザリーはWELL v2のリリースに参画し、いかにして建物やコミュニティーが私たちの健康と幸福に影響を与えるかを継続して … 続きを読む[2019年08月02日]

2019Q3 addendaに含まれる機能強化や更新を確認!

  By Nathan Stodola 2019年第3四半期のaddenda項目数は、WELL v2 pilotで82、WELL v1で11、WELL Community Standardで8、ガイドブックで15となりました。以下のような改正点等が書かれています。 A02 - Smoke-Free Environment(A02無煙環境):プロジェクトが、建物内の喫煙室を行政側 … 続きを読む[2019年07月31日]

WELLベータ版(試用版)の紹介

  By Emily WinerIWBIではWELLベータ版、現在のWELL v2™パイロットの機能を拡張することで、WELLに新しい戦略や、未対応だった戦略を導入します。プロジェクトに関わる関係者の意見をフィードバックすることが、ウェルを継続的に改善するために不可欠と紹介しています。「音」ではS06β Impact Noise Management、「コミュニティ」ではC17β Hou … 続きを読む[2019年07月29日]

WELL Coreのストーリーを語る

  By Angela Spangler 賃貸ビルを対象にしたコア認証におけるオーナー(あるいは投資家)の役割の重要さに言及しています。建物の構造、窓の配置、建物の形状、冷暖房・換気システム、水質などの、人間中心の建築環境のベースを提供するとともに、そのビルに入居するテナント企業が、WELL v2の10のコンセプトに沿った健康重視の戦略、運動促進、健康的食事提供などにより、テナ … 続きを読む[2019年07月29日]

高齢者の住まいをウェルネスを通じて変革 -増え続ける高齢者人口をウェルネスにフォーカスした住まいを通じて、どうサポートできるでしょうか?

 by Jamie Matos 今日、ベビーブーマー(1946年から1964年生まれ)は、自分の高齢の両親と自分自身の終の住処についての決断に迫られています。不安と期待が産業全体に大きな変化をもたらしていることは明らかです。IWBIのCEOであるRick Fedrizziはシニアリビングイノベーションフォーラムで、高齢者の住まいに関する業界が直面する課題を示すとともに、重要なソリューショ … 続きを読む[2019年07月23日]

なぜユニバーサルデザインが真に健康な空間を作るためにとても重要なのでしょうか?

  by Rose Winer ユニバーサルデザインの専門家でWELL v2 feature C 13「アクセシビリティとユニバーサルデザイン」のキーコラボレーターであるVictoria Lanteigneとの対話にて、なぜWELLプロジェクトはアクセシブル・ユニバーサルデザインを使い、真に健康でインクルーシブな空間を獲得するべきなのか、明らかにしました。 世界保健機関(W … 続きを読む[2019年07月16日]

WELL Portfolio プログラムを通じて人々の健康を向上

 by Jamie Matos The International WELL Building Institute (IWBI) は本日、WELL Building Standard (WELL) の適用により組織の空間の強化や人々の健康の向上をスケーリングして行えるWELL Portfolio プログラムの開発に関わった企業を祝しました。これら早期の参加企業らは、WELL Portfo … 続きを読む[2019年07月09日]

IWBIが国連グローバル・コンパクトに署名

 by Kristen Coco IWBIは、責任あるビジネス活動の発展、実行、開示に関する自発的なリーダーシップのプラットフォームである国連グローバル・コンパクトに署名し、国連グローバル・コンパクト10原則の人権、労働、環境、腐敗防止を実践する世界の様々なセクターや地域の企業や団体に加わりました。IWBIのWELL Building Standardは、人の健康とウェルビーイングを高め … 続きを読む[2019年06月24日]

WELLプロジェクトチームに含めるべき重要なステークホルダー

  by Tori Shepherd WELL認証を取得するには、内部の関係者から外部のコンサルタントにいたるまで、多くのステークホルダーによる協働作業が必要です。必要なチームメンバーは、プロジェクトの段階や目標などプロジェクトの内容によっても変わります。この記事は、中心となるチームメンバーとその役割の他、プロジェクト内容や達成したいWELL項目によりチームへの参加が強く推奨さ … 続きを読む[2019年06月20日]

オープンプランの進め方:オープンプランでの騒音低減

 by イーサン・ボルドー オープンプランのワークスペースは生産性を向上させるという主張に挑戦する報告が発表されたおかげで、オープンプランオフィスの騒音と生産性にフォーカスした議論に再び火が点いています。しかし、最近の研究によれば、問題は単純ではないようです。ワークプレイスで気が散るのは、おしゃべりな同僚(80%)やオフィス内の騒音(70%)のせいであるという報告もあれば、オープンオフィ … 続きを読む[2019年06月19日]

WELLv2 pilotのパブリックコメントを募集!

 by レイチェル ガター (President of the International WELL Building Institute (IWBI)) WELLv2を発表してから今日でちょうど一年。パイロット段階から本格移行に備えて、これから6か月間パブリックコメントを募集します。点数配分や認証レベルに対するフィードバックからWELLフィーチャー要件をさらに強化する方法まで、あなたの … 続きを読む[2019年05月31日]

WELL AP資格のためのマーケティングとPRガイドライン

 世界各地の建物や地域社会を通じて人の健康と健康を推進している、世界的な健康と健康の擁護団体のコミュニティに参加する。 あなたのネットワークであなたの新しい資格を宣伝するためにニュースを共有して、以下のガイドラインに従ってください。  IWBI 記事 原文(2019.5.28):https://resources.wellcertified.com/articles/marke … 続きを読む[2019年05月28日]