IWBIのWELL関連記事の紹介

WELLのIWBI (International WELL Building Institute) のWEBサイトで発信されている中から主要な記事をピックアップし、リード文やサマリーとして概要を日本語で紹介します。

 

Rick FedrizziがIWBIのエグゼクティブチェアマンとしてリーダーシップを延長

 IWBIは、2020年7月27日にIWBIのChairman兼CEOを務めているRick FedrizziがExecutive chairmanに、現在のPresidentであるRachel GutterがPresidentのタイトルのままCEO (Chief Executive Officer)に、現在のEVP (Executive Vice-President)であるPrateek … 続きを読む[2020年07月27日]

抗菌添加剤はCOVID-19の蔓延を阻止するための回答ですか?

 抗菌剤はウイルスと戦うために潜在的に使えそうな方法を提供しますが、これらの抗菌添加物が人間の健康に対するウイルスの脅威に対処できるかどうかという疑問は残っています。抗菌剤とは、微生物の破壊または成長の阻害に使用される物質として定義されます。また、微生物とは細菌、ウイルス、原生動物、およびカビやカビなどの菌類のことです。米国では、抗菌剤は微生物を殺すように設計されているため、抗菌剤は農薬 … 続きを読む[2020年07月20日]

健康のための投資:健康とESG投資の重要概念の再形成

 市場には、株主が現状と長期的な状況の両方を考えるときに、市場を見直して再評価する方法があります。COVID-19パンデミックの経済的影響を受ける前まで、人の健康と経済との関連はそれほど明確ではありませんでした。環境、社会、ガバナンス(ESG)レポートでは、見えにくい「H」と見なされた健康は、今やESG全体を支える中心的な要素であり、企業や株主が今後、何に投資するかを評価する方法において … 続きを読む[2020年07月16日]

WELL Tip:WELL core認定を習得する方法

 WELL core認証は、現在世界で約500案件が登録しています。プロジェクトエリアの75%以上がテナントによって使われる建物ではWELL core版が使われます。バージョン2で登録されたWELLプロジェクトの約12%はWELLコア版であり、登録および認定されたWELLプロジェクトの総床面積のほぼ68%に相当します。本記事では「WELL要件の範囲と適用性」、「現地性能試験」、「認定レベ … 続きを読む[2020年07月15日]

WELL APのケンフォンはウェルネスのためのスペースを設計する方法を知っています

 オーストラリアのメルボルンにあるArupの上級音響/WELLコンサルタントであるWELL APのケンフォンにとって、WELL認定プロフェッショナル(WELL AP)資格の取得は、彼が最も情熱を注いできた二つのこと(デザインとウェルネス)についての考えを永久に変えるパラダイムシフトをもたらしました。ケンは言います「一部の人々は、WELL認証取得は正面玄関にWELLのプラークを掲げるプロセ … 続きを読む[2020年07月13日]

COVID-19との戦いにおいて、WELLは建物をどのように支援できますか?

 人間の健康、ウェルネス、回復力に重点を置くことで、我々の組織はCOVID-19からより強力に、そして人々のニーズとより調和した形で回復することができます。IWBIはWELLの主要な要件を調査し、COWID-19との戦いをサポートする新たなWELL認証の戦略をまとめました。それは「Strategies from the WELL Building Standard to Support  … 続きを読む[2020年07月10日]

IWBIガバナンス理事会はWELL v2がパイロットから卒業することを決定

 IWBIは、2020年2月に正式に結成されたIWBIガバナンス評議会の投票結果として、WELL v2のパイロットステージを終了することを7月9日に発表しました。2018年5月31日に発表されたWELL v2パイロットは、2020年8月にパイロットが外れたものとして一般公開が予定されています。 2年間のパイロットフェーズの間、WELL v2は、450近くのコメントを受けた6か月のパブリッ … 続きを読む[2020年07月09日]

光を理解すればするほど、健康を増進できます

 光の多様性を測定し、知れば知るほど人の健康性に役立つ照明設計が可能になります。光には、私たちの気分や、新陳代謝、睡眠パターン、認知、癒し、幸福感などを左右する力があります。今や、照明技術は、太陽からの光特性を模倣し、電気照明で補って室内の光環境を改善できるようになりました。光のエネルギーを波長ごとに分割する分光器を使うと、さまざまな光をスペクトルパワー分布(SPD)としてグラフ化するこ … 続きを読む[2020年07月08日]

学生のエリザベスペリーはWELL APを活用してより包括的なスペースを設計します

 テキサス工科大学でインテリアデザインを専攻するエリザベスは、健康的な空間と持続可能性や、芸術的なインテリアを結び付けた設計を学ぶとともに、WELL APの資格を取得しました。エリザベスは空気質の向上、自然へのアクセスの向上、サーカディアンデザインの重要性、バイオフィリアのパワーを強調する健康とウェルネスのコンセプトを通じて、想像力豊かな彼女のデザインを実現していく、いくつかの新しい道を … 続きを読む[2020年07月03日]

微生物は建物が人間の健康をサポートする方法を変えるかもしれない

 有害な細菌を殺すために微生物を使うことや、人間の免疫システムを強化するのに微生物を使うことの可能性があります。多くの人々はこれらの培養コロニーは常に危険だと思うかもしれませんが、カリフォルニア大学サンディエゴのスクリプス海洋研究所の小児科教授であるジャックギルバート博士によればそうではありません。実際、彼は微生物が病気の伝染との闘いを助けることさえできると主張します。微生物は私たちの体 … 続きを読む[2020年07月01日]

WELL Health-Safetyレーティングに関するマーケティングならびにPRガイドライン

 WELL Health-Safetyに関してのストーリーを探していますか?それを始めるためのいくつかのアイディアを紹介しましょう。 参加したらプレスリリースを配信しましょう。参加したらソーシャルメディアで発信しましょう。WELL Health-Safetyレーティングを取得したらプレスリリースを配信しましょう。WELL Health-Safetyレーティングを取得したらレーテ … 続きを読む[2020年06月29日]

環境がどのようにストレスを減らし免疫力を高めることを助けるか

 あなたの電話は机の上で鳴り続けています。水道料金の支払期限が到来しています。あなたは病気がちな両親の面倒を見るための準備をしなくてはなりません。あなたの上司は金曜日の夕方5時にビデオ会議をセットするように求めています。あなたが達成しなくてはならない要求項目のリストはどんどん増えていき、一日ではとても時間が足りないと感じるようになっています。 ストレスがたまり始めた時には、散ら … 続きを読む[2020年06月26日]

COVID-19後、建物は防衛の最前線となる:Joe Allenとの対話

 理想の建物について今考えましょう。建物の中にいる人たちの健康と幸福をサポートする、ウエルネスの取り組みとバイオフィリック・デザインとサステイナブルな要素が結ばれたユートピア。そういった建物が存在することを私たちは知っています。しかし、すべての建物が完璧というわけではありません。現実に、いくつかのスペースは私たちの健康を害する要因になっています。そういった建物は、建物の中に毎日いる人たち … 続きを読む[2020年06月23日]

WELL APのJason Liがワークプレイス内装設計を変革しています

 M Moser(シンガポールの設計事務所)の建物経験モデリングエコシステムのインテリア設計者であるJason LiのようなWELL APが世界中でワークプレイスにおける生産性と熱狂を刺激し、組織の健康と幸福に重きを置いた新しい方法を実行に移しています。 「私は数多くのオフィスを見てきました。しかしながら、それほど多くのワークプレイスには出会えていません。私にとってワークプレイ … 続きを読む[2020年06月18日]

Built Environment(建物環境)は健康と幸福を改善するために極めて重要な役割を果たすようになってきた

 Built Environment(建物環境)はより健康で、よりサステイナブルな世界を構築していくために重要な役割を果たし始めています。この流れはCOVID-19のパンデミックにより、一層明確なものとなりました。健康、エネルギー効率、そしてレジリエンスを調和させることは、より良い建物を作るだけでなく、より強固な組織とより健康なコミュニティーを作り出すことになります。 この論説 … 続きを読む[2020年06月15日]

年次報告とWELL認証スペースの再認証

 WELL認証を取得したプロジェクトにとって必須の認証後のプロセスについて。 WELLレーティングシステムがプロジェクトの一生を通じて強い影響を及ぼすツールであるために年次報告と再認証は中核的役割を果たします。再認証のプロセスは最初の認証プロセスと極めて似たものです。再認証の際にプロジェクトチームは、最初の認証からの変化でパフォーマンスに影響を及ぼすもの全てを報告する責任があり … 続きを読む[2020年06月09日]

地球の健康は人類の健康であり、それは経済の健康でもある

 サステイナビリティの初期の頃、環境のセーフガードとサステイナビリティに関する方針を押し付けることは経済の成長と進展を妨げるという議論を一部の人たちは強固にしていました。それが全く逆であったということが立証されてから長い時間が経ったように思えます。サステイナビリティと環境管理に関する強固なリーダーシップはより堅固でレジリエントな経済の基礎なのです。 ここ何年か、会社レベルでこの … 続きを読む[2020年06月08日]

Black Lives Matter(黒人の命は大切)

 IWBIは健康とすべての人権を支持します。ジョージ・フロイド、ブレオナ・テイラーとアマウド・アーバリーの人生が絶たれた時、彼らの人権は否定されました。彼らが殺害されたこと、そしてそれ以外の数多くの黒人の命が失われてきたことは、黒人コミュニティーが人種差別、抑圧、不公平から守られるために、街、近隣、職場、学校、そして家庭を私たちが強くしてこなかったという悔恨の念を刻むことになります。&n … 続きを読む[2020年06月05日]

眠れる巨人:建物の水システムの再起動

 (訳注:COVID-19の感染拡大により一旦閉鎖された建物の再開に関する論説) 私たちが建物を再開する際に、適切な建物運営とその方針を通じてCOVID-19以外のその他の疾病のリスクを最小化する方法についても考えなくてはなりません。 私はオフィスで働くことから、自らとコミュニティーを健康に保つために勧められたリモートワークへ移行することができた幸運な一人です。最終的 … 続きを読む[2020年06月03日]

2020Q2アデンダ(2020年第2四半期追補)ガイド

 今回の追補の中で、WELLポートフォリオプログラムの説明と、低中所得国プロジェクトを支援する2つのAAPを公開しました。 また隣接する建物がひとつのプロジェクトとして登録し認証プロセスを合理化するパスを公開しました。WELL v2パイロットの修正20、WELL v1の修正3、ガイドブック、ツール、リソースの修正12があります。 WELL v2(代表的なものをピックアップ)X0 … 続きを読む[2020年05月27日]

オンラインのWELL AP試験

 快適で安全な自宅から、スケジュール立てと試験を受ける方法の詳細について。COVID-19により変貌した世界の中で、WELL AP資格はますます重要となっています。社会的距離と予防措置のニューノーマルに対応するため、周囲の人々に与える影響を理解することが重要です。私たちIWBIは、より多くの場所で、より多くの健康と建築の考査ポイントで活躍する人、つまりWELL APが必要なのです。ビデオ … 続きを読む[2020年05月21日]

IWBIがスポーツとエンターテイメント施設の運用と管理ためのWELL健康・安全性評価法を発表

 WELL健康・安全性評価法(WELL Health-Safety Rating)は、COVID-19後の環境に対処できる、運用ポリシー、クリーニングプロトコル、デザインストラテジーに焦点を当てたもので、COVID-19後の世界における健康・ウェルビーイングの配慮すべき事項を、オーナーと運営者が必要なガイダンスを提供する、エビデンスベースであり、第三者による評価法となっています。オフィス … 続きを読む[2020年05月15日]

COVID-19におけるメンタルウェルビーイング支援(IWBIスタッフの声)

 グローバルコミュニティを支援し、メンタルヘルスに関する議論を深めるため、IWBIチームは「ニューノーマル」に対応し、メンタルのウェルビーイング維持の方法をシェアするために集まりました。私たちは人間として、安定性と習慣を望み、社会性とつながりを保つようになっています。しかし今、場所や地域に関わらず、あなたは新しいリアリティにいる、それは、あなたとあなたの家族にとって、とても異質で不自然に … 続きを読む[2020年05月05日]

Places Matter:レジリエンスは新常態において極めて重要

 今日における決定は、我々すべてをつなぐ構築された環境の健康・ウェルネス・安全に数十年も続く永続的な影響を及ぼすでしょう。闘いと不確実性の時代において、レジリエンスは計画・努力・思いやりとハードワークが一緒になる場所です。将来に目を向けて、企業が自らを強化し、レジリエンスを育むための新しいより良い方法を模索することが期待されます。IWBIの会長であるRachel Gutterは、「この危 … 続きを読む[2020年04月28日]

新しい働き方のリズム:どのように家でWELLに働くか

 COVID-19の拡大による新常態は唯一無二の挑戦をもたらしています。と同時に、自宅で仕事をする環境を快適で、集中でき、生産性の高いものにする良い機会でもあります。人間の身体と環境の関係を機能の側面から理解する科学的な規律であるエルゴノミクスは、1950年ごろから形作られ、ワーカーや労働者のための働く環境への適応にフォーカスしています。WELL v2のV02:Visual and Ph … 続きを読む[2020年04月24日]

Places Matter:在宅勤務のベストプラクティス

 IWBIは、健康とウェルビーイングを考慮して設計された建物や空間の価値を知っています。自宅で仕事をしているからと言って、あなたの新しい職場を最大限に活用できないとは限りません。あなたのスペースを管理しましょう。通常のオフィス設備、特にスタンディングデスク、調整可能な椅子や明るい場所がない場合、新しいワークスペースの調整が難しく感じるでしょう。Linda Millerは、在宅ワークスペー … 続きを読む[2020年04月15日]

Places Matter:IWBIのグローバルチーム全体のつながりを維持し、レジリエンスを育てる展望

 COVID-19の蔓延は、私たちの生活様式や、働き、集まり、学び、生き、癒す場所との関係を完全に再定義してしまいました。新しい常識は、家にいること・ヘルスケアの専門家と前線で対処する初期対応者(ファーストレスポンダー)をサポートすること、脆弱な人々を守ること、さらにはコミュニティを可能な限り安全に保つこととなっています。そんな不確実性の中でも、私たちが生活する場所は、私たちの健康・安全 … 続きを読む[2020年04月12日]

健康のための投資:人的・社会的資本における投資促進

 いま、ひとびとの健康と世界経済両方にとって困難な時期を迎えています。わたしたちは金融市場だけでなく、通常のビジネスを覆すような、前例のないパンデミックに直面しています。International WELL Building Institute(IWBI)のチームは、企業・資本市場・そして社会全体がこの危機からより強く、よりスマートに抜け出し、世界経済にとっての人間の健康の重要性が広く認 … 続きを読む[2020年04月08日]

IWBIはCOVID-19や他の呼吸器感染症による公衆衛生上の負荷を減らすのに建物が果たす役割に関するタスクフォースを結成

 本日(3月24日)、国際ウェルビルディング協会(IWBI)は、COVID-19や他の呼吸器感染症による公衆衛生上の莫大な負荷を減らすためのタスクフォースを結成することを発表しました。建物、組織やコミュニティが予防、備え、レジリエンスや回復に果たす重要な役割を定義するのが目的です。タスクフォースは、大規模な人口集団に影響を及ぼす可能性がある新型及び既知の感染性の病原体を考慮しながら、幅広 … 続きを読む[2020年03月31日]

WELL AP試験へのロードマップ

 あなたは建物と健康との関係に強い興味がありますか。WELL APは、世界中でWELL認証取得を支援することにより、健康な建物を推進する活動を進めています。さらに、リーダーシップと専門性を発揮しつつ、公衆衛生の変革者として活躍しています。どのようにWELL AP試験へ取り組みを始めたらよいかについては、ステップごとの説明をご覧ください。  IWBI 記事 原文(202 … 続きを読む[2020年03月19日]