ヴォンエルフがWELL Health-Safety Rating(日本初)を取得しました

世界は新型コロナウィルスとの戦いの渦中にありますが、2020年9月、株式会社ヴォンエルフ(GBJ法人会員)が管理する「プレイスW」において、WELL認証の運営機関であるIWBI(The International WELL Building Institute)が新しく公開したWELL Health-Safety Rating (WELL健康安全性評価)を取得しました。

WELL健康安全性評価は、エビデンスに基づき、従業員や来訪者などの健康と安全に配慮したファシリティであることを評価する、第三者検証によるグローバル基準の評価です。 現在、ニューヨークヤンキースの本拠地であるヤンキースタジアムやエンパイヤステートビルなど多種多様な空間においてWELL健康安全性評価の取得事例が報告されています。

 

ヴォンエルフHPニュース

 

 

 

参考:

IWBIがスポーツとエンターテイメント施設の運用と管理ためのWELL健康・安全性評価法を発表

ヤンキースタジアムは、WELL Health-Safety Ratingを達成する世界で最初のスポーツ会場となります