COVID-19後、建物は防衛の最前線となる:Joe Allenとの対話

 

理想の建物について今考えましょう。建物の中にいる人たちの健康と幸福をサポートする、ウエルネスの取り組みとバイオフィリック・デザインとサステイナブルな要素が結ばれたユートピア。そういった建物が存在することを私たちは知っています。しかし、すべての建物が完璧というわけではありません。現実に、いくつかのスペースは私たちの健康を害する要因になっています。そういった建物は、建物の中に毎日いる人たちにとって極めて深刻な脅威をもたらしています。不健康な環境がシックビル症候群に関連した様々な症状を引き起こすことが知られています。

 

健康を助け、促進する建物に対する需要は1970年代から高まってきました。しかし最近になって需要は指数関数的に増加しています。ハーバード大学公衆衛生学部の健康的建物プログラムのディレクターで暴露評価科学の准教授であるJoseph Allen博士はこう語っています。「今は非常に重大な局面です。健康的な建物に対する動きは既に活発になってきていました。しかし5年も6年もかかるまでもなく、COVID-19によってわずか2カ月で飛び立っていくことになりました。」

 

(訳注:より詳細についてはWebcastの録音版をご参照ください。)

 

 

IWBI 記事 原文(2020.6.23):
https://resources.wellcertified.com/articles/buildings-will-be-our-first-line-of-defense-after-covid-19/