LEEDが雨水を管理する仕組み

 

LEEDオフサイト雨水管理パイロットACPについて説明しています。

 

増大する雨水危機

雨水流出は、世界中で急速に増加している淡水汚染の原因であり、米国の都市で最大の水汚染源です。多くの都市部で頻繁または大規模な暴風雨が発生しているとき、下水道システムはしばしば圧倒され、雨水、油、グリース、重金属、農薬、場合によっては生の下水道の排水と合わせて、通りから私たちの湖、川、海へ流出し、直接排水されることがあります。 簡単な答えがなければ問題であり、何百もの自治体が、この公害に対処するために設計された規制で義務付けられている水質目標の達成に苦労しています。これには、ワシントンD.C.が含まれます。ワシントンD.Cは、国内で最も古い下水システムの1つであり、毎年数十億ガロンの水をチェサピーク湾の河口に運ぶ地元の河川を流出させています。これは水生生息地を著しく劣化させ、北米の最も生産的な河口であるチェサピーク湾内の産業に影響を与えます。地元の水路に対するこの脅威のため、米国の首都は、雨水流出を管理するための新しいインフラストラクチャに投資するために連邦政府の規制によって要求される数百の都市の1つです。

 

 

USGBC articles 原文(2019.10.21) :

https://www.usgbc.org/articles/how-leed-works-manage-stormwater