Places Matter:在宅勤務のベストプラクティス

 

IWBIは、健康とウェルビーイングを考慮して設計された建物や空間の価値を知っています。自宅で仕事をしているからと言って、あなたの新しい職場を最大限に活用できないとは限りません。

あなたのスペースを管理しましょう。通常のオフィス設備、特にスタンディングデスク、調整可能な椅子や明るい場所がない場合、新しいワークスペースの調整が難しく感じるでしょう。Linda Millerは、在宅ワークスペースのコントロールをする方法について考えてみることを薦めています。例えば、本を積み重ねてコンピューターを目の高さに上げる、ラップトップに専用のキーボードとマウスを使用するなど。メンタルヘルスの観点からは、自然光と風景を取り入れできるだけ多くのストレス要因を排除することが重要であると、Sally Augustin, Ph.D.は奨励しています。

その他、換気と安全な空気質について、在宅の学齢期の子どもたちとともに仕事をナビゲートする方法についてなどが記事の中で述べられています。

 

By: Christopher Pirschel

 

 

IWBI 記事 原文(2020.4.15):
https://resources.wellcertified.com/articles/places-matter-best-practices-for-working-from-home/