Green Building Japan

環境評価ツールLEEDの普及を通じて日本にグリーンビルディングの取り組みを根付かせることを目的に活動する団体です

gbj-gray

GBJ

日本の事情に合わせたLEEDの普及を図り、グリーンビルディングの取り組みを根付かせることを目的に設立しました。

leed-gray

LEED

1996年に米国グリーンビル協会(USGBC)が開発した建物の環境性能評価システムです。

seminar

セミナーのご案内

GBJが開催する月1回のセミナーのご案内、イベント・シンポジウムのお知らせです。

siryou

資料

セミナー内容の公開や、関係する論文、LEED用語集、データなどを主に会員向けに掲載しています。

「第15回 SRI/ESG 関係者の集い」 のご案内

統合報告書、スチュワードシップ・コード、コーポレート・ガバナンス・コードという枠組みがESGコンセプトの企業群への浸透を促し、少しずつ日本の社会を変え始めています。また、昨年末のCOP21でも世界に向けてメッセージが発せられたSDG’s(持続可能な開発目標)、脱炭素経済、インクルーシブ(社会的包摂)などの目標に向かって、経済と環境と社会が連携を始めているようにも見えます。 2010年に末吉竹二郎 氏(UNEP FI... 続きを読む

JFMA FORUM 2016 “健康経営を支援する新たな潮流” [資料]

JFMA FORUM 2016 (第10回 日本ファシリティマネジメント大会) 「イノベーション -進化する都市・企業・ファシリティ- 」   2016/2/25(木)開催     セッション1:「健康経営を支援する新たな潮流」 第1部「世界標準化する建物環境性能評価LEEDとWELL認証がFMを支援する」 出演 平松宏城氏(GBJ共同代表) プレゼンテーション資料 奥錬太郎氏(CBRE) 進行 本田広昭(オフィスビルディング研究所, GBJ運営委員)... 続きを読む

第22回セミナー【LEED Talk】鹿島技研 LEED EBOM について[資料]

2016年3月1日(火)開催 <募集時セミナー案内はこちら> 鹿島技術研究所 本館は2015年8月にLEED EBOM プラチナ認証を取得されました。 本セミナーでは鹿島技術研究所 本館の建物概要(一部見学含む)とLEED取得に関する内容について紹介しました。 第22回GBJセミナー LEED Talk 主題:   第22回セミナー【LEED Talk】 鹿島技研 LEED EBOM について 日時:   2016年3月1日(火) 15:00~17:25 場所:   鹿島技術研究所 本館 および実験棟の一部... 続きを読む

健康に暮らすための室内環境とグローバルな視点について【5月26日 フェアウッド研究部会】

GBJがこのセミナーを応援しています 第6回フェアウッド研究部会 「健康に暮らすための室内環境とグローバルな視点について」 【日時】2016年5月26日(木)16:00~20:30 (受付15:30~) 【会場】株式会社ヴォンエルフ 東京都千代田区九段北4-3-26 政文堂ビル1F 昨今、健康経営が注目されており、より安心安全に働けるオフィス環境や子どもを育てられる住環境が急務です。その実現には環境への意識の高さと探求にかかっています。例えば成人一人で1日20kg(20㎥)もの空気を体内に取り入れているのをご存知でしょうか。... 続きを読む

第24回GBJセミナー【LEED Talk】 海外のLEED取得案件~中国における最新LEED取得案件特集~

2016年5月27日(金)開催 次回のセミナーはアジアの中で最も認証案件数が多い中国でのLEED 取得案件特集です。上海の2案件と香港の1案件について、4名の方々から案件の概要とLEED取得時の内容をお話し頂きます。日本でまだ例の無いLEED V4の案件も含まれますので、これからV4での取得を目指す方には特に参考になる点があると思います。海外案件の話を聞くチャンスは多くないと思われますので、興味のある方はこの機会に是非ご参加ください。   第24回GBJセミナー *** 満席になりました。***   主 題: 【LEED... 続きを読む

ログイン

会員の方がログイン後に詳細をご覧いただけるコンテンツです

Building Desing and Construction
LEEDのBD+C v4 Glossaryとv2009の Glossaryの内容を訳出し統合したものです。今後この用語集の訳語をGBJとしての標準訳として扱っていきます。
Interior Design and Construction
日本国内におけるLEED認証プロジェクトのリストです。
Building Operations and Maintenance

LEED BD+C v2009のNC(新築)とCS(コア&シェル)のクレジットの要件と点数について一覧して全体像が理解できるよう主要な事項を取り上げた概要リストです。

Neighborhood Development
この資料は、LEED v4の全21ツールでの「check list」の内容を、一覧性のあるように編集し、カテゴリー名やクレジット名などの各用語に日本語対訳を付けた参考資料です。

法人会員

Corporate members

Silver
background-UL2 background-kenedix background-nec background-nec
Green

100-mori 100-woonerf 100-intel100-oobayashi 100-interface 100-azbil 100-taisei2 100-lutron 100-JLL 100-transvision 100-forbo           石本建築事務所 フジタ Commtech Asia Japan

Library

100-ikegami 100-nitta2 100-nitta2    アールアンドディ新建築都市研究所 アイディアシップ

国内のLEED認証物件がまとまっているサイトはありませんか ?
USGBCのHPの「Directry」で「JAPAN」と入力すると抽出されます(公表可の物件のみ)。登録物件(未認証)、認証済み物件が混在しています。なお、GBJのホームページでも会員向けにリストを掲載しています。
認証取得までの審査期間はどのくらいですか ?

審査は一般的に「Design Review」と「Construction Review」の2回行われます。各審査では書類一式の提出後約1ヶ月程度で審査結果が通知されます。竣工後に書類をまとめて「Construction Review」に書類を提出し審査結果を受けるため、認証取得まで竣工後2~3か月を要します。

USGBCへの質問は有料ですか ?

当該登録プロジェクトに関する正式な質問「Credit Interpretation Request」は有料です。但し、簡単な質問ならLeed Userに登録(無料)すると各クレジットでの質問をすることができます。(有料会員となっても同様)

Building Desing and Construction

Building Desing and Construction

Interior Design and Construction

Interior Design and Construction

Building Operations and Maintenance

Building Operations and Maintenance

Neighborhood Development

Neighborhood Development