GBJ Forum
こちらから
GBJ Update
こちらから
Members Site
こちらから
Information

最新情報・GBJからのお知らせ

  • 2014.04.05

    4月22日 第8回セミナー開催

    *** 定員に達したため、受付を締め切りました ***


    主題:   【公開ディスカッション】 Why LEED in Japan
    講師:   平松 宏城 氏 (CSRデザイン&ランドスケープ株式会社 GBJ共同代表理事)
          菅 健太郎 氏 (ARUP GBJ理事)
    日時:   2014年4月22日(火)18:30~20:00(18:15受付開始)
    会場:   アズビル株式会社 本社会議室
    参加費:  【会員】無料
          【非会員】一般 3000円 学生 1000円 (当日受付にて)

    概要:
    GBJ第8回セミナーは、公開ディスカッションとします。
    「Why LEED in Japan」をテーマに、GBJ理事の平松氏と菅氏が、マーケット側面、テクニカルな側面からそれぞれ話題を提供し、日本におけるLEEDの現在と今後について大いに語りあいます。

    LEEDが日本へ導入された当初は、環境ファクターが日本の不動産市場へ与える影響は限定的なのではないか、米国の視点で作られたLEEDは日本の気候風土や生活様式とそぐわないのではないか、といった意見が大勢でした。

    それから5年以上が経過し、国内認証物件数も40を超えた現在、不動産マーケットにおいては環境配慮を重視するテナント企業に触発されてLEED認証が加速するなど、好循環の事例が見られるようになってきました。また、テクニカルな側面でも、日本の建築の環境性能は他国に比べて著しく進んだものではなく、一部では遅れをとっていることも明らかになってきました。

    国内のLEEDコンサルティング実績を有する両氏より、以下のようなポイントでの実感こもった話題提供のあと、会場からの意見もまじえながら、「なぜ日本でLEEDなのか」を一緒に考えていきます。

    ・建設業の発注のシフト(公的中心→民間/公民連携)
    ・不動産投資のグローバル化と責任投資原則
    ・LEED適用から見えてきた日本の建物の環境性能


    定員:      40名
    お申込み期間:  4月17日(木)(ただし、定員になり次第締め切り)
    お申込み方法(会員・非会員とも):
          件名を「GBJ第8回セミナー申込み(4/22)」とし、
          ① 氏名、② 会員・非会員の別、③ ご所属、
          ④ 住所、⑤ 電話番号、⑥ メールアドレス を明記の上、
          gbj-seminar@gbj.or.jp までお申込みください。
          (会員は、④~⑥省略可。)。
    お申込みの確認:
          GBJからの返信(お申込みの受付メッセージ)を必ず確認し、
          3営業日以内に返信がない場合、
          gbj-seminar@gbj.or.jp へお問合せください。