第33回GBJセミナー [講師の音声付資料]【LEED Talk】LEED V4でグリーンビルの建材に求められること、建設業界・メーカーに求められることは何か

2017年3月22日(水)開催 <募集時セミナー案内はこちら>

 

第33回GBJセミナー

 

主題:第33回GBJセミナー【LEED Talk】LEED V4でグリーンビルの建材に求められること、建設業界・メーカーに求められることは何か

日時:2017年3月22日 (水) 15:00~17:30

会場: TOTO汐留ビル24階「FLATO」

 

講師の音声付資料 目次
浦島 茂 氏(グリーンビルディングジャパン)

1.LEEDの概要、LEED 栄養成分表示、GBIG (Green Building Information Gateway)、arc、LEEDの歴史、LEEDがマーケットを先導する

 

2.LEED LOGOの違いは?、International、LEED 普及状況、マルチ言語対訳表、英語<>日本語 対訳例、LEEDの対象、クレジットカテゴリー チェックリスト日本語版、ビデオの内容まとめ、LEED何のため?

 

3.クレジットカテゴリー別のLEED v4の変更点、パブリックコメント、LT 立地と交通手、SS 持続可能な敷地、WE 水の効率的利用、EA エネルギーと大気、MR 材料と資源、IEQ 室内環境品質、LEED v4 マテリアルカテゴリー、MR 材料と資源、MR キーワード

 

all.1~3 浦島茂氏 全編版
 

 

追谷 武寿 氏(株式会社UL Japan)

4.会社概要、製品をLEED貢献ができるマテリアルとするために、Environmental Product Declaration (EPD)の発行 、ISO14020 環境ラベルシリーズ ISO 14025 Type 3 Eco Label: LCA based communication tool for environmental performance data、ライフサイクルアセスメント(LCA)、環境影響評価、Projectの流れ、Step 1: Scope、Step 2: LCAの計算、Step 3: EPD認証

 

5.EQ Credit: Low-Emitting Materials、GREENGUARD 試験プロセス、EQ CREDIT: INDOOR AIR QUALITY ASSESSMENT、サンプリング 及び 測定

 

6.MR Credit: BUILDING PRODUCT DISCLOSURE AND OPTIMIZATION –SOURCING OF RAW MATERIALS、Environmental Claims Validation、MR Credit: BUILDING PRODUCT DISCLOSURE AND OPTIMIZATION –MATERIAL INGREDIENTS、Product Lensによる化学物質の情報開示、UL SPOT LEEDに貢献可能な材料の検索、検索・絞り込み パラメータ

 

all.4~6 追谷武寿氏 全編版

 

 

質疑

 

 

 

続きをご覧いただくには、会員登録(有料)をお願いします。
Please be registered as a GBJ member in order to read more.