2017年GBJ春のシンポジウム

2017年3月23日開催

 

<開催後シンポジウム資料はこちら>

 

*講演者変更のお知らせ (2017/3/18) 

 

アメリカ新政権が、地球温暖化・気候変動に懐疑的なスタンスを取ることが予想される中、持続可能な都市・インフラ、環境にも健康にも配慮した建築へと転換する動きには大きなブレーキが掛かるのでしょうか。それともパリ協定、SDG’S、ESG投資などを背景として民間企業や投資家、国連・NGO、PPP(公民連携)の活動が主体となり、各企業や組織の本気度が問われながら、これまで以上に加速していくのでしょうか。GBCIの グローバルマーケット担当上級副社長ピーター・テンプルトンから、このような環境下での環境建築・世界持続可能都市の性能評価に関するUSGBC・GBCIの取り組みと最新動向をお伝えいたします。
今回のシンポジウムは、環境省21世紀金融行動原則環境不動産WGとのジョイント開催です。

 

日 時:2017年3月23日(木) (開場 13:00)

会 場:柏の葉カンファレンスルーム

    千葉県柏市若柴178番地4 ホテル&レジデンス棟2階 アクセス

 

 

プログラム

13:30
開会ご挨拶  グリーンビルディングジャパン 共同代表理事 浦島 茂 氏 

 

13:40-14:40

1部 2016年LEED認定授与式

 

14:45-18:00

【2部シンポジウム

ご挨拶

 環境省総合環境政策局環境経済課長 奥山 祐矢 氏

 

(1) 新政権下における環境建築・持続可能都市に対するUSGBC/GBCIのビジョンと LEED for Cities, ARC, WELLなど新システムについての最新情報
 
USGBC グローバルマーケット担当上級副社長 ピーター・テンプルトン
Q&Aセッション 逐語訳付き

 

(2) 柏の葉LEED-NDプロジェクトについて
 千葉大学大学院教授、柏の葉アーバンデザインセンター 副センター長 上野武氏

 

(3) ESG投資と自然資本
 レスポンスアビリティ 足立 直樹 氏

 

(4) CDP または UNPRI PWGについて
 CDP Japan 森澤 充世 氏

 

(5) GRESBのアップデート
 CSRデザイン環境投資顧問 堀江 隆一 氏

 

(6) LEED V4でのタバコ・喫煙対応の日本特例の再改定について
 グリーンビルディングジャパン

 

(7) LEED V4 、WELL日本語訳について
 グリーンビルディングジャパン

 

シンポジウムのまとめと閉会のご挨拶
  グリーンビルディングジャパン 共同代表理事 平松 宏城 氏

 

18:10-19:30

【懇親会

(柏の葉カンファレンスセンター内、別室にて)

 

 

参加費:シンポジウム・懇親会通し

【GBJ正会員/法人会員社員】2,000円 

【一般/WEB会員/メルマガ会員】 3,000円

【学生/学生会員】1,000円

 21世紀金融行動原則署名機関は、行動原則の地球環境フォーラムにお問い合わせください。

 

申し込み方法:申込みフォームよりお申込みください。 参加申込み

 

21世紀金融行動原則署名機関は、以下の申込フォームからお申込みください。
または、kankyo_kinyu@gef.or.jpまでメールにてお申込みください。
21世紀金融行動原則署名機関 参加申込み

 

お申込みの確認:

GBJからの返信(お申込みの受付メッセージ)を必ず確認し、3営業日以内に返信がない場合、gbj-event@gbj.or.jpへお問合せください。

 

 

柏の葉スマートシティツアー

日時:2017年3月23日(木)11:00-12:00 (集合10:50)

費用:無料

定員:20名(先着順)

シンポジウムに参加予定のGBJ会員(メルマガ会員を除く)のみがお申込みいただけます。 参加申込み

 

 

皆さまのご参加をお待ちしております。

一般社団法人グリーンビルディングジャパン