同じタグのページ:LEED O+M

第45回GBJセミナー[資料] LEED認証取得事例見学会 近三ビルヂング(LEED O+M V4)

2018年9月25日(火)開催    今回は、Arc認証とLEED-V4適合喫煙室において日本初のLEED V4(LEED O+M)取得事例、近三ビルヂングを見学しました。 近三ビルヂングは、1931年建築家・村野藤吾の独立後第1作として竣工し、以来87年、日本橋室町の角地に建つテナントオフィスビルとして、数期にわたる改修を経て運営されています。 近三商事株式会社の森 …

5周年シンポジウム[資料] ≪LEED/Arc-1≫

近三ビルヂング -築87年のオフィスビルにおけるLEED認証取得への取り組み ~Arc、喫煙室日本特例を活用して 近三ビルヂングはLEED O+M(既存ビル版)にてGOLD認証を取得した。1931年竣工の築87年のオフィスビルにおけるLEED認証取得への取り組み、Arcや喫煙室 の日本特例の活用事例などを紹介する。   森 隆    近三商事 代表取締役社長 森 正隆   近三 …

GBJ設立5周年記念シンポジウム [資料]

グリーンビルディングの展望 〜世界水準の都市、建築、ウェルネス、そしてESG投資〜  6月15日にGBJ5周年記念シンポジウムを開催しました。 GBJの設立5周年を迎え、日本科学未来館7F施設の大半を終日貸し切り、国内最大規模でのグリーンビルディング関連シンポジウムを盛況に実施することが出来ました。当日は来賓として小池都知事からの祝辞を賜り、米国からUSGBC元CEO …

ロングライフビルとLEED2018 -Built Environment のサステナビリティ向上をあらためて考える-

一般社団法人グリーンビルディングジャパン 理事レンドリース・ジャパン株式会社 シニア・プロジェクト・マネジャー大村 紋子 米国グリーンビルディング協会(United States Green Building Council:USGBC)が構築した建築物環境性能評価システムであるLEED(Leadership in Energy and Environmental Design)は3~5 …

GBJ設立5周年記念シンポジウム グリーンビルディングの展望 〜世界水準の都市、建築、ウェルネス、そしてESG投資〜(ダミー)

2018年6月15日(金)開催  いま世界の大都市は、エネルギー消費などの環境データのリアルタイムでの収集と分析に基づいた都市経営へと強く舵を切っています。 そして、パリ協定以降SDGs 実現のための自治体のイニシアティブが求められる中で、また長期優良なESG 投資資金の導入競争も視野に入れながら、その動きは加速しています。 一方、日本でも「働き方改革」が唱えられる中、従業 …

GBJ設立5周年記念シンポジウム グリーンビルディングの展望 〜世界水準の都市、建築、ウェルネス、そしてESG投資〜

2018年6月15日(金)<開催後シンポジウム資料はこちら>  いま世界の大都市は、エネルギー消費などの環境データのリアルタイムでの収集と分析に基づいた都市経営へと強く舵を切っています。 そして、パリ協定以降SDGs 実現のための自治体のイニシアティブが求められる中で、また長期優良なESG 投資資金の導入競争も視野に入れながら、その動きは加速しています。 一方、 …

LEED O+M(既存ビル版)適用の効果検証と、今後さらに加速していく可能性

LEED O+M(既存ビル版)適用の効果検証と、今後さらに加速していく可能性その効果はエネルギーと節水性能の向上に留まらず、ワークプレイスの快適性アップやエリアの価値向上にまで及ぶポテンシャルを有している。さて、そのシナリオとは・・・  持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則 第2回 環境不動産WG・環境省 共催セミナー ~既存ビルへのLEED O+M 認証適用によるエネルギ …