同じタグのページ:LEED O+M

ロングライフビルとLEED2018 -Built Environment のサステナビリティ向上をあらためて考える-

一般社団法人グリーンビルディングジャパン 理事レンドリース・ジャパン株式会社 シニア・プロジェクト・マネジャー大村 紋子 米国グリーンビルディング協会(United States Green Building Council:USGBC)が構築した建築物環境性能評価システムであるLEED(Leadership in Energy and Environmental Design)は3~5 …

GBJ設立5周年記念シンポジウム グリーンビルディングの展望 〜世界水準の都市、建築、ウェルネス、そしてESG投資〜

2018年6月15日(金)開催  いま世界の大都市は、エネルギー消費などの環境データのリアルタイムでの収集と分析に基づいた都市経営へと強く舵を切っています。 そして、パリ協定以降SDGs 実現のための自治体のイニシアティブが求められる中で、また長期優良なESG 投資資金の導入競争も視野に入れながら、その動きは加速しています。 一方、日本でも「働き方改革」が唱えられる中、従業 …

LEED O+M(既存ビル版)適用の効果検証と、今後さらに加速していく可能性

LEED O+M(既存ビル版)適用の効果検証と、今後さらに加速していく可能性その効果はエネルギーと節水性能の向上に留まらず、ワークプレイスの快適性アップやエリアの価値向上にまで及ぶポテンシャルを有している。さて、そのシナリオとは・・・  持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則 第2回 環境不動産WG・環境省 共催セミナー ~既存ビルへのLEED O+M 認証適用によるエネルギ …