第30回GBJセミナー[講師の音声付資料]【LEED Talk】LEED V4で求められるマテリアル、製品とは

2016年12月19日(火)開催 <募集時セミナー案内はこちら>

 

semiar30photo

 

第30回GBJセミナー

主題:第30回GBJセミナー【LEED Talk】LEED V4で求められるマテリアル、製品とは 

日時:2016年12月19日(火)18:30~20:00

会場: アズビル株式会社 本社会議室

 

講師の音声付資料 目次

 

1.LEEDV4 NCマテリアルクレジットの概要:イントロダクション

  <前田建設工業株式会社 調達部 林 昌明氏>

製品の環境情報の明示、原料の採取、材料の成分

 

2.EPD認証について:製品の環境情報の明示クレジット関連

  <一般財団法人日本ガス機器検査協会(JIA)柳澤 衛 氏>

International EPD(EPD)の概要 、EPDで公開する内容、EPDのルール(要求事項)、建築・建設関連EPDのストラクチャー、検証員(Individual Verifiers)、国境を越えた認証、建築・建設業界におけるEPD、発行されている建設・建築関連PCR、建設・建築関連制度におけるEPDの評価、審査登録までの流れ、EPD審査登録までのフロー、審査から認証までのフロー、費用、お問い合わせ

 

3.エコリーフ認証について:製品の環境情報の明示クレジット関連

  <一般社団法人産業環境管理協会(JEMAI)片岡 顯 氏>

Environmental Product Declaration (EPD) 、環境製品宣言、ISO Type III 環境ラベル、(一社)産業環境管理協会 (JEMAI) の実施業務概要、エコリーフの概要、ISOの環境ラベルに関する規格、JEMAI環境ラベル事業について、エコリーフでの製品環境情報公開例、エコリーフ登録・公開状況、エコリーフ登録製品例、申請~公開までの流れ、Product Category Rule (PCR):製品カテゴリールール、製品にあったPCRを選ぶ、建築関連の認定済PCRの製品区分、LCAの算定、データ収集について、検証書類の作成、第三者検証、検証費用、登録・公開、登録・公開の更新、登録・公開更新料、研修会・イベント、JEMAI環境ラベルプログラムの統合について、統合ラベル:検証~レビューのプロセス/手順、統合ラベルプログラムの運用開始についてのご案内、検証~レビューのプロセス/手順、2017年4月までのスケジュール

 

4.Cradle to Cradle認証:材料の成分クレジット関連

  <池上産業株式会社 坪倉 真琴 氏>

C2C認証とは?、認証製品、C2C認証 取得の流れ、LEED Ver.4 と C2C認証

 

5.LEED V4での活用方法

  <前田建設工業株式会社 調達部 林 昌明氏>

 

6.質疑

 

 

 

続きをご覧いただくには、会員登録(有料)をお願いします。
Please be registered as a GBJ member in order to read more.