同じタグのページ:LEEDv4

ロングライフビルとLEED2018 -Built Environment のサステナビリティ向上をあらためて考える-

一般社団法人グリーンビルディングジャパン 理事レンドリース・ジャパン株式会社 シニア・プロジェクト・マネジャー大村 紋子 米国グリーンビルディング協会(United States Green Building Council:USGBC)が構築した建築物環境性能評価システムであるLEED(Leadership in Energy and Environmental Design)は3~5 …

第41回GBJセミナー [講師の音声付資料] 今だから話せる第3弾!スマートシティ・インターナショナル

2017年12月14日(金)開催 <募集時セミナー案内はこちら> 第41回GBJセミナー主題:第41回GBJセミナー 「今だから話せる第3弾!スマートシティ・インターナショナル」日時:2017年12月14日(木)18:00-20:00会場:イトーキ 東京イノベーションセンターSYNQA 1階オープンスペース 講師:クレイ・ネスラー氏(ジョンソンコントロールズ グロー …

第33回GBJセミナー【LEED Talk】LEED V4でグリーンビルの建材に求められること、建設業界・メーカーに求められることは何か

2017年3月22日(水)開催<開催後セミナー資料はこちら> 2016年10月にLEEDはVersion4へ移行が行われました。マテリアル関連では今までは求められていなかった項目が追加され、高評価を獲得するためには、メーカーの協力が必須になってきています。そこで、中々伝わっていないLEEDV4の全体像や、その中でメーカーの協力が必要なクレジットについての話、具体的にポイント取 …

第30回GBJセミナー【LEED Talk】LEED V4で求められるマテリアル、製品とは

2016年12月19日(月)開催<開催後セミナー資料はこちら> LEED V4では、マテリアル関連のポイントの内容が大幅に改定されました。ポイント取得のためには、建材の環境情報開示(EPD: Environmental Product Declaration) が求められています。どうすれば、LEEDの要求を満たすか、先進的な取り組みをしているメーカーやタイプⅢ認証機関にご説 …