第52回GBJセミナー[講師の音声付資料] LEED・WELL と働くこと

2019年7月17日(水)開催 

第52回GBJセミナー

<募集時セミナー案内はこちら>

主題:建築・都市の「環境」「健康」国際基準、LEED・WELL と働くこと (入門編) 若者・女性・シニアも必見!

日時:2019年7月17日(水) 18:00-20:00

会場:トーキ 東京イノベーションセンターSYNQA 2階セミナールーム

 

 [講師の音声付資料]ダイジェスト公開版(約12分)

 

講師の音声付資料(全編)

平松 宏城 氏(GBJ共同代表理事, (株)ヴォンエルフ代表取締役)

      LEEDフェロー、LEED AP BD+C、ND、USGBC ファカルティ

 

目次

部 LEED, WELL, SITES, GRESB 基礎編

世界各地のグリーンビルディング評価制度

日本でも取り組みが増えている国際標準の性能評価システム

LEED

トップランナーの優良事例を共有し、さらに前へ前へ更新、動的基準

⽶国発の建築物の認証システムLEED 国際的な普及の状況

日本におけるLEED 普及の軌跡

LEED NDの序文には「ジェイン・ジェイコブス」の言葉の引用

なぜ皆がポートランドに魅力を感じているのか

Beyond Green(環境性能を越えて)

WHO憲章前⽂での「健康」の定義

こうすれば健康な空間が作れるという処方箋

行動の変革を促す

GSAが連邦政府の施設での認証取得義務化

Navy Pier South Deck SITES v2 ゴールド認証

University of Texas at El Paso SITES v2 シルバー認証

社会的責任投資フォーラム × 都市緑化機構 (2006)

環境配慮はただのコスト 価値観の大転換 違法から適法に(2006)

価値観の大転換 2006年(違法から適法)→ 2015年 パリ協定とSDG’s

Example: Office Portfolio Manager: CommonWealth Partners

ESG投資が及ぼす世界企業、持続可能都市への影響力 サステイナビリティへの向き合い方の劇的変化

M & V (Measurement & Verification)建物も街も都市もKPIを測り、ベンチマークする時代

Arc -> Webベースのデジタルプラットフォーム

Arcでベンチマーキングできる5つの主要評価指標

LEED for シティー、コミュニティーは運用データだけで認証取得可能

LEED に取り組む主体(企業、大学、自治体)動機付け

de‐factoを使ったサステイナビリティの実現 + 世界に向けた発信

LEED / Arc の⽬指す7つのゴール

 

2部 ⾒えない価値を可視化するしごと

見えない価値を可視化する  作った上で、顕在化させる

F. L. オームステッド セントラルパークを作った男  歴史から問う公共空間の価値

SDGsの時代に、都市と街の見えない価値を可視化する評価システム

ESG投資(巨額の運用資金)が向かう、長い時間軸の中で 価値を維持する不動産、価値が発現する都市・街とは

2013年 世界中で進む都市化と 都市間 / エリア間競争

世界の主要都市では、各単位での競争が始まっている

都市の抱える問題

ワシントンDC全エリアの43%は道路 NY市の28%は道路

SDGsの時代に、都市と街の見えない価値を可視化する評価システム

(次世代)住民、企業に選ばれる街になるにどのような転換が必要か

Integrative Design インテグレイティブ(統合的)デザイン

屋内が、安全・安心・便利・快適でありさえすれば心は安寧ですか?

LEEDが目指しているのはQOLの向上
WELLが見ているのは「心身」の健康

国連加盟国は「持続可能な開発(発展)のための2030アジェンダ」を採択

アフォーダブルハウス

無理なく住める住宅の不足が、世界的な危機に

日本の住宅政策と福祉政策の乖離

Decent Work and Economic Growth 

高齢化と引きこもりと年金問題 非正規雇用と家賃の高さからくる相対的貧困 と教育格差、貧困の再生産は、全部つながっている

選ばれるために必要な転換と適確な情報発信

日本の引きこもりは、Agora phobia…ではない?

多様性の確保・・・言うは易し

建物や街をグリーンな場に転換することが仕事になる

街に人を、都市に企業を、海外からツーリストを

もうニッチではない

SDGsの時代に、
都市と街の見えない価値を可視化する評価システム

LEED は、SDGs を都市で「カタチ」にするためのガイドライン

都市や街に対して SDGs が求めているゴール

シュタットベルケって知ってますか?

SDGsをカタチにする新しいビジネスモデル
シュタットベルケのサーキュラーエコノミー

財源はある

日本が「先駆的な温暖化対策に取り組む必要がない」とさ
れた3つの根拠

横浜銀行本店ビルにおけるエネルギー削減効果

QOLの高さを感じられる街であり続けるために

LEEDは、評価制度にして評価制度にあらず

 

 

質疑

 

 

会員(メルマガ会員を除く)に資料を公開しています。ログインしてご覧ください。

続きをご覧いただくには、会員登録(有料)をお願いします。
Please be registered as a GBJ member in order to read more.