LEED O+M(既存ビル版)適用の効果検証と、今後さらに加速していく可能性

LEED O+M(既存ビル版)適用の効果検証と、今後さらに加速していく可能性

その効果はエネルギーと節水性能の向上に留まらず、ワークプレイスの快適性アップやエリアの価値向上にまで及ぶポテンシャルを有している。さて、そのシナリオとは・・・

 

 

持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則
第2回 環境不動産WG・環境省 共催セミナー
~既存ビルへのLEED O+M 認証適用によるエネルギー性能と快適性向上の両立~

 

近年、ESG 投資が不動産投資の分野にも広がりを見せる中、建築物の資産価値向上のための手法としてLEED O+M認証に対する関心が高まっています。
今回のセミナーでは、既存ビル版LEED 認証※を国内金融機関で初めて取得した横浜銀行 様にご登壇いただき、民間事業者の本支店、公共施設を問わず、特に築年数がかなり経過している既存ビルへのLEED O+M 認証適用による「エネルギー性能とワークプレイスの快適性向上の両立」をテーマに議論いたします。企業価値の持続的向上や地域のサステナビリティに繋がる環境配慮の先進事例について共有し、金融機関等が取り組むESG についてお考えいただく機会になればと考えております。

本セミナーは、21 世紀金融行動原則へのご署名や業態を問わずどなたでもご参加いただけますので、積極的にご参加いただきますようお願い申し上げます。

※ 既存ビル版LEED 認証:LEED-EBOM=LEED for Existing Buildings Operations & Maintenance(O+M)

※ 司会進行・コーディネーター・環境不動産WG 座長が、平松 宏城 氏 (株)ヴォンエルフ 代表取締役・GBJ共同代表理事 です。

 

 

日 時: 平成30 年2 月26 日(月)13:00~15:00(受付開始12:30~)

会 場: 東京ウィメンズプラザ ホール(東京都渋谷区神宮前5-53-67)

参加費: 無料

テーマ:「既存ビルへのLEED O+M 認証適用によるエネルギー性能とワークプレイスの快適性向上の両立」

定 員: 150 名程度

後 援: 一般社団法人グリーンビルディングジャパン
    一般財団法人日本ビルヂング経営センター
    認定特定非営利活動法人 日本都市計画家協会
    公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会

申込方法: 申込フォームにアクセスして、必須項目を入力してください。

申込締切: 平成30 年2 月22 日(木)12:00

 

<連絡先> 持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則(21 世紀金融行動原則)事務局

(一財)地球・人間環境フォーラム内

E-mail:kankyo_kinyu@gef.or.jp/TEL:03-5825-9735 /FAX:03-5825-9737

 


 

プログラム

<司会進行> 株式会社 ヴォンエルフ(※環境不動産WG 座長機関)代表取締役 平松 宏城 氏

 

【開会】13:00

【講演】13:00~14:15

 「既存ビルにおけるLEED 認証の実務的応用とその効果」
   株式会社 ヴォンエルフ(※環境不動産WG 座長機関) 取締役 COO 安原 紀子 氏

 「横浜銀行本店ビルLEED 認証取得とビル運用改善について」
   株式会社 横浜銀行 総合企画部 副グループ長 佐野 達也 氏
   株式会社 NTT ファシリティーズ(横浜銀行FM センター)主査 大澤 正芳 氏

 「横浜銀行本店ビルにおけるエネルギー運用改善事例と、類似事例におけるRPA を活用した効果継続プラン」
  アビームコンサルティング 株式会社
  金融社会インフラビジネスユニット 社会インフラ・サービスセクター マネージャー 石岡 諭 氏

【会場との意見交換】14:15~15:00
 「既存ビルの運用改善の今後の可能性と波及効果」

 

<コーディネーター>

株式会社 ヴォンエルフ(※環境不動産WG 座長機関) 代表取締役 平松 宏城 氏

 


 

アクセス

東京ウィメンズプラザ:東京都渋谷区神宮前5-53-67

最寄駅: JR・東急東横線・京王井の頭線・東京メトロ副都心線
    渋谷駅 宮益坂口から徒歩12分

    東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線
    表参道駅 B2出口から徒歩7分

    都バス(渋88系統)
    渋谷駅から2つ目(4分)青山学院前バス停から徒歩2分

 


 

第2 回 環境不動産WG・環境省 共催セミナーのご案内 (pdf)

 

kankyo20180226