新しい働き方のリズム:どのように家でWELLに働くか

 

COVID-19の拡大による新常態は唯一無二の挑戦をもたらしています。と同時に、自宅で仕事をする環境を快適で、集中でき、生産性の高いものにする良い機会でもあります。人間の身体と環境の関係を機能の側面から理解する科学的な規律であるエルゴノミクスは、1950年ごろから形作られ、ワーカーや労働者のための働く環境への適応にフォーカスしています。WELL v2のV02:Visual and Physical Ergonomics(V02 視覚的・身体的エルゴノミクス)はエルゴノミクスに基づくワークステーションでの快適性をサポートするのみならず、一日の中で座ることと立つことを交互に行うことを薦めています。

読者が自宅での仕事バランスを見つけ、自宅のしつらえや働き方をハックし、少しだけ効率的に毎日仕事をするのに役立つよう、いくつかのTipsを記事中で紹介しています。

 

By Angela Spangler and Vienna McLeod

 

 

IWBI 記事 原文(2020.4.24):
https://resources.wellcertified.com/articles/working-well-from-home/